臭いの判断は脳がしている

脳

ニオイを感じるメカニズム

臭いの分子は鼻から入り信号となり大脳皮質へ人間は息を吸ううと空気とともにニオイの分子を体内に取り込みます。

鼻に入ったニオイ分子は鼻の穴の奥にある嗅上皮に触れてその中の嗅神経細胞を刺激しますが、嗅神経細胞というのは、臭いを感知するセンサーの役割を果たします。

刺激は一種の電気信号となり嗅神経を通って嗅球(嗅覚中枢)へと伝えられ、ここで人間は信号を通して臭いを感知するのです。

しかし、この段階ではまだ臭いを良いと感じるか、深いと感じるかの判断はされていません。

この判断がなされるのは臭いの刺激が脳の大脳皮質に届いてからとなります。

臭いの分子の種類ではなく、脳の経験や本能により不快かどうかが判断されるのです。

臭いに関係する記憶や経験が影響する

臭いを識別する大脳皮質にはその人の育った環境に由来する、様々な体験や分化や体調の良し悪しなどの記憶に基づく情報がつまっています。

このような情報を持っている器官を通ることにより、その刺激と記憶を結びつけて脳が判断するのです。

例えば、好きな食べ物を体調の悪い時に食べてお腹をこわすと、その後、その食べ物の臭いをかいだだけで気持ち悪くなってしまうという経験をされているかと思いますが、このような臭いのメカニズムによるのです。

ニオイにまつわる経験や記憶が臭いの好悪に非常に大きく関係することがわかります。

視床下部がニオイに対する反応をする

ニオイの分子がもたらす電気刺激が大脳皮質から大脳辺縁系へと伝達されると、喜怒哀楽などの感情と結びつきそれぞれの反応を生み出すことになります。

良いにおいには良い感情が芽生え嫌な臭いと感じれば不快な思いをするわけです。

更に、刺激が視床下部に届くとその臭いに対して具体的な反応をするのもこの器官です。

良いにおいと感じればリラックスし悪いにおいと感じればストレスを感じてイライラしたり吐き気をもよおしたりします。

これは視床下部の指令により自律神経が働き身体機能に様々な作用を働きかけるのが原因です。

このページの先頭へ