ニオイに関する基礎知識 TOPページ

香水

動植物も人間も生き物にはニオイが有りますが、ニオイの中でも生理的な物では無く、病的な原因で発するニオイもあるので注意が必要です。

つまり、病気のシグナルとしての臭いです。

おなら、体臭、口臭がいつもと違う変な臭いと感じたら、まずは身体の不調を疑ってみる必要があります。

体を清潔に保っても病気があったり、内蔵などの機能が低下してくるとニオイ成分が口臭や汗のニオイ、尿臭、便臭、おならなどに出てくることがあるからです。

卵が腐ったような口臭は腸の病気の可能性

・甘酸っぱい腐ったリンゴのようなニオイ

このような臭いを発する場合は糖尿病の疑いがあります。

また、間違ったダイエット法をしている人も同じようなニオイがする場合があります。

・腐った卵のようなニオイ

胃腸の病気(胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍)などにかかっていると、腐った卵のような独特なニオイを発します。

消化不良の為、食べ物が異常発酵して、ニオイの物質が血流に乗って、肺に送られ、呼気や口臭として排出するためだと考えられています。

・ねずみ臭い・カビ臭

肝機能の低下や慢性肝炎などがあると、カビ臭い臭いになると言われています。

これ等の病気があると、本来肝臓で分解されるはずの臭いを分解しきれず口臭に現れるからであると考えられています。

・肉が腐ったようなニオイ

口内炎、歯肉炎、歯槽膿漏などの口の中の病気や鼻や喉の病気(蓄膿症、鼻炎、扁桃腺)、呼吸器系の病気(肺炎、気管支炎)などの疑いがあります。

・アンモニア臭

アンモニアのツンとしたような口臭がすると、肝機能低下や尿毒症の疑いがあります。

アンモニア臭のする汗は肝機能低下や血行不良の疑い

口臭以外にも、体臭や尿や便、汗などでも身体の不調がわかることがあります。

・頭皮の皮脂臭

頭が脂臭い時は脂漏性皮膚炎の疑いがあります。

脂漏性皮膚炎とは、真菌が原因で起きる皮膚炎です。

・汗のアンモニア臭

肝臓の機能低下や全身疲労、冷房症、冷え性、夏バテ、ミネラル不足、血行不良などがあると汗にアンモニア臭が混じることがあります。

・体臭が魚臭い

魚臭症候群(トリメチルアミン尿症)という病気である可能性があり、めったに無い病気ですが代謝異常の一つです。

・便の腐敗臭

便秘などで腸の働きが低下すると腸内の異常発酵が進み腐ったような悪臭を放つニオイ物質が生成されます。

・尿臭の甘酸っぱい臭い

尿の臭いも様々わかることがあります。

糖尿病の場合は甘酸っぱい尿臭、フェニルケトン尿症ではカビ臭い尿臭、メープルシロップ尿症の人からはホップのような尿臭がすることがあります。

また、膀胱炎や尿道炎になると尿のアンモニア臭が強くなると言われています。

このページの先頭へ