月経・生理の臭い

困る女性

月経の影響を受けて変化するニオイ

女性の体臭は、月経の周期に合わせて微妙に変化しています。

月経周期は女性ホルモンの分泌に応じて変化していきますが、月経前になるとホルモンの影響で皮脂腺が刺激され皮脂が多く分泌されるようになります。

分泌される皮脂があまり多いと線の出口がつまり皮脂腺中の脂肪酸が酸化してニオイがより強くなります。

ワキガの人に場合は月経が近づくと普段よりニオイが強くなる傾向があるようです。

月経周期のニオイ変化には個人差があり排卵期に強く感じる人月経期にきつくなる人様々です。

これは、嗅覚の変化も影響している可能性があります。

女性の嗅覚はホルモン分泌の変化に影響され、一般的には排卵期になると嗅覚が敏感になり月経時には鈍感になると言われています。

妊娠時にも嗅覚は敏感になると言われ、体調の変化で少しのニオイの違いにも敏感になるのかもしれません。

月経時のニオイの原因はムレ

月経時になると性器周辺のニオイを気にする方が多いようです。

月経時になって膣から出た血液が参加するとニオイは発生します。

酸化した血液のニオイは錆のような臭がすると言われていますが血液自体はそんなに臭うものではありません。

ニオイの多くはナプキンや下着に着いた血液が蒸れることによってニオイが発生していると考えられます。

性器周辺は汗をかきやすい箇所でもあり、長時間あてていると雑菌が繁殖しやすい環境になります。

どの結果、繁殖した雑菌がたんぱく質などを分解しニオイが発生するのです。

これが下着やストッキングなどにより蒸れることにより蒸発した水蒸気に乗りニオイ物質が発散しているとされます。

ニオイ予防

ショーツやナプキンは通気性、吸水性の高いものを使い月経中はなるべく締め付けるようなガードルなどは避けるようにすると良いでしょう。

最近のナプキンは吸水機能が進化して昔ほど蒸れにくくはなっていますが、それでも3時間程度の間隔で交換することが良いとされています。

タンポンを使う場合もこまめに交換することをお勧めします。

体を洗う時は、清潔に保つことは大切ですが洗いすぎに気をつける必要があります。

膣は自浄作用があり、外からの雑菌の侵入を防ぐ働きがあり、洗いすぎて炎症を起こしたりしたら逆効果となります。

デリケートゾーンのケア方法

このページの先頭へ