水虫を防ぐ生活習慣

足を洗う女性

毎日足を洗うことで水虫は定着できない

白癬菌は家庭の至る所に存在し、水虫の人が落とす垢の中に多数の白癬菌が含まれています。

白癬菌を含む垢は、床やお風呂場のマット、スリッパなどに撒き散らされ同居している人の足に付着することで感染します。

水虫の原因菌である白癬菌の感染経路

付着した白癬菌が増殖しやすい環境になるとその人の足の角質層に定着します。

白癬菌が付着しただけで水虫が伝染るわけではなく24時間以上の時間がないと白癬菌は人の角質層に侵入が出来ません。

ですので、付着してから24時間の間に足を洗いその足の水気をしっかり取っておけば感染する可能性は低くなります。

ですので、水虫の予防には足を洗い水気を摂ることが重要になります。

足の洗い過ぎの弊害

水虫の皮膚は脆くなるので、強くこすると剥がれます。

洗い過ぎは正常な皮膚の表面に傷をつけるので傷げできると白癬菌が定着しやすくなるのでかえって悪化します。

また、細菌感染を起こし足が腫れてしまうこともあります。

通常の皮膚では湿度100%の環境で24時間で白癬菌が定着しますが傷のついた角質には12時間で定着できるようになります。

アカスリや軽石で過剰に洗い傷をつけてしまうと抵抗力が落ちて短時間で白癬菌に感染することになります。

足に限らず体を洗う時は石鹸で泡をたて手で優しく洗い皮膚の表面の汚れや汗や余分な皮脂などを落とすことが大切です。

履物へのケアも水虫予防には有効

白癬菌はカビの一種であり増殖には湿気が必要なので、足の指の間などは湿気を帯びやすく乾燥させる事が大切です。

日中靴を履いたままで仕事をしなければならない人は、靴は通気性のあるものを選び職場ではサンダルで過ごすなど足を乾燥させる事が非常に大切です。

また、毎日同じ靴を履かない事も大切で、靴の中を乾燥させることで白癬菌の増殖を抑えることができます。

特に足が蒸れやすい人は、仕事の合間に時々靴を脱ぐことで常に足の清掃や乾燥に注意を払いましょう。

ハイヒールやブーツも白癬菌の温床になりやすいとされます。

ハイヒールはつま先に重心がかかり足の指に汗をかきやすくなり湿度も高くなります。

ブーツは、通気性が悪いため白癬菌が増殖しやすい環境となります。

このページの先頭へ