「性感染症の予防法」の記事一覧

性感染症は性行為による血液、精液、膣分泌液などと粘膜の接触により感染します。

性感染症の予防は、不特定多数の人との性行為を避け、特定のパートナーとの関係を守ることと、コンドームを使用して粘膜や体液などの直接の接触を無くし、性行為の始めから終わりまで必ず装着することが必要です。

清潔な性行為の心がけ

愛し合う男女

性行為は人間の本能であるため、感染症の予防のためにといって性行為を止めるわけにはいきません。 性接触をする相手が増えれば比例して性感染症は広がります。 性行為の低年齢化や晩婚化は、不特定多数の相手と性的な接触の頻度を高め・・・

性感染症(性病)の予防

×をする女性

予防とは病気になる前段階で要因を取り除いたり発病を防いだり発病の徴候がある時は症状が無くても検査で早期発見して治療に取り掛かることを意味します。 初歩的な予防は病気にならないように生活習慣を改善することです。 生活習慣の・・・

このページの先頭へ