性感染症が原因で卵管が炎症すると不妊と子宮外妊娠になる

疑問に思う男女

性感染症が原因の卵管の炎症による不妊

不妊を引き起こす要因の内、性感染症が原因の不妊には注意が必要です。

性感染症によって引き起こされる卵管の癒着や炎症が不妊を引き起こす大きな要因になります。

性感染症が原因の不妊のケースは多く検査の段階で必ず性感染症の感染の検査がなされます。

不妊の原因を探る時、医師は性感染症の可能性から調べるとされます。

不妊を引き起こす感染症で最も多いのがクラミジア感染症と淋菌感染症とされます。

クラミジア感染症淋菌感染症には自覚症状が殆どありません。

放置すると膣から感染が始まり、子宮頚管、子宮内膜、卵管、卵巣、腹膜へと炎症が進んでいきます。

卵管の炎症により卵管が閉塞してしまった場合は精子が通過できず不妊につながります。

例えば癒着の程度が軽くて精子が卵管膨大部へ達して、卵子と受精できたとしても受精卵がスムーズに子宮へ移動出来ません。

その結果、不妊や子宮外妊娠になる可能性が有ります。

不妊症で婦人科の診察を受けて、クラミジアや淋菌の感染に気づくことが多いようです。

しかし、クラミジアや淋菌に気づいた時には慢性化している場合も多いようです。

卵管は細菌に対する抵抗力が非常に弱いとされます。

クラミジアだけではなく、淋菌、大腸菌、その他の細菌感染でも炎症を起こし、淋菌や性器結核による不妊も多いとされます。

結核菌や淋菌が卵管や子宮に感染しやすく、炎症や癒着を起こし不妊症の原因となります。

細菌感染なかでも多いのがクラミジアや淋菌の感染による不妊が増加しているようです。

性感染症が原因の卵管の炎症による子宮外妊娠

子宮外妊娠とは正常な胎児の発育場所である、子宮腔以外の場所に受精卵が着床することを指します。

その中で卵管妊娠の頻度が最も高いとされ、感染症などで卵管が閉塞しないまでも、受精卵の通過が妨げられると受精卵が子宮に達する前の段階で着床することがあります。

これが子宮外妊娠の一つである卵管妊娠と呼ばれるものです。

子宮外妊娠の多くは卵管の中で起こりますが子宮を通り越して頸管や卵巣、腹膜で発生することもあります。

卵管は壁が薄いので胎囊の発育に異常が起こりやすいとされます。

胎囊が破裂したり卵管が破裂して胎囊が飛び出す可能性もあります。

そのような状況では卵管で大量出血が起こり、命にかかわります。

昔は子宮外妊娠は妊産婦死亡原因の3位でしたが、現代では検査と超音波で早期に発見できるため多くの場合治療可能です。

早期に子宮外妊娠が見つかった場合は、薬物治療や内視鏡手術で治療がなされます。

重症になると開腹手術が行われることもあるようです。

卵管は子宮を挟んで左右にあるためどちらか一方が残れば再度妊娠することが可能です。

危険を未然に防ぐにはどうすれば良いか?

グラフ

性感染症は症状がわかりにくかったり、症状が無い事も有り放置される傾向にあります。

その結果、将来に治癒が不能な後遺症を残してしまう女性が急増しています。

少しでも性感染症と思われる症状を感じることがあれば、早期発見のために検査をすることが大切です。

おりものの色や臭いが普段と違うと感じる。

排尿時や性交時に痛みや違和感を感じる。

3年以内に性的接触があった。

プール、浴場、トイレなど共用の物を使用した。

自分のパートナーが性行為や類似行為をした可能性がある。

検査ガイド


検査OFF

このページの先頭へ