おりもの(下り物)の色が白い

困る女性

正常なおりものの色は透明か白濁していますが、排卵日や生理前など生理のサイクルによっても量も色も変化します。

おりものの色に異状がある場合は感染症かもしれないので注意しましょう。

白や黄色の粘り気のあるおりものが増える

粘り気のある白や黄色のおりものが増えたり、黄色いウミ状のおりものの増加、おりものに血が混じる性交時の後に不正出血することがある場合は、子宮膣部びらんの可能性があります。

いきんだときや、ときには、特別なきっかけがなくても、ときどきおりものに血がまざることもあります。

接触出血といって、セックスやタンポンなどによって刺激を受けると、出血しやすいのも特徴のひとつです。

子宮腟部びらんがあると、子宮頸管炎などの感染症が起こりやすくなります。

原因は、先天性のものと後天性のものがあり、後天性のものは妊娠、分娩などによって頸管が外にめくれたようになって、頸管の円柱上皮が子宮膣部にまで露出するようになった場合、子宮頸部が肥大したために、子宮頸粘膜が下垂してきて、外方にあらわれている場合などに起こります。

白いチーズやおから状のおりものが増える

おりものが白く酒粕状、クリーム状、チーズ状、豆腐のカスのようにぼろぼろとしている場合は、更に外陰部のかゆみ・排尿時のの痛みを伴う場合はカンジダ腟炎の可能性があります。

カンジダ腟炎は、カンジダ菌という真菌カビの一種が原因となる腟の炎症です。

カンジダ菌は、皮膚や口、腸などに常在し、免疫力が低下すると、増殖します。

カンジダが異常増殖する原因として、性行為により感染した、風邪を引いた、疲れがたまっていた、寝不足が続いた、ストレスが多いなどの他に抗生物質を服用した後などがあります。

おりものが白かったり膿が混ざる

子宮頸管炎は急性期と慢性期に分けられ、急性期には膿状で粘り気がある黄色や黄緑色の帯下(おりもの)が増加し、炎症が激しくなると、下腹部痛や腰痛、発熱を伴うこともあります。

慢性期では、膿状で粘り気がある黄白色の帯下(おりもの)が継続して分泌され、急性期と同様、下腹部痛や腰痛、発熱を伴うこともあります。

子宮頸管炎は、子宮頸管が病原菌に感染すると起こりますが、主な病原菌は淋菌や膣内に感染したブドウ球菌、連鎖球菌、大腸菌などで、クラミジアによる感染も近年増加しています。

まとめ

以上、解説した通り細菌性の炎症による以上であることが主な原因で、性感染症であることが多いのが特徴です。

性感染症は、女性の場合症状が乏しく自覚する事がありません。

おりもの色は体調を示すシグナルとなりますので見逃さないようにしましょう!

性感染症の可能性が高い人

おりものの色や臭いが普段と違うと感じる。

3年以内に性的接触があった。

プール、浴場、トイレなど共用の物を使用した。

自分のパートナーが性行為や類似行為をした可能性がある。

検査ガイド


検査OFF

デリケートゾーンのケア方法

このページの先頭へ