「性感染症の種類」の記事一覧

喉(のど)に感染する性病

人間の喉

私たちの喉に性感染症がうつる可能性は、あらゆる性行為において可能性があります。 喉に感染し易い感染症の種類を説明していきます。 喉のクラミジア 症状 クラミジアは性行為後約1週間で、喉の痛みや腫れなどが起こります。 性器・・・

行為別の性病に感染するリスク

ばってんする女性

セックスした場合に感染する性病 セックスをすると性器と粘膜が接触し、様々な性病に感染する可能性があります。 腟分泌液からクラミジアや淋菌、HIVエイズウイルスに感染する可能性が高くなります。 男性器では、先走り液や精液・・・・

性器カンジダ症

カンジダ

(提供元:国立感染症研究) カンジダ症とは 性器カンジダ症とは、カンジダという真菌が性器に感染する感染症で特に女性の膣に起きるケースが多いとされカンジダ膣炎または、膣カンジダ症と呼ばれています。 この菌は、不完全菌に属す・・・

子宮頸癌(子宮けいがん)の原因HPV(ヒトパピローマウィルス)

HPVウィルス

癌とは細胞が無秩序に増殖する病気で、癌の発生した周辺にとどまらず、周辺の組織や臓器に侵入したり身体の様々な部位に転移したりします。 子宮ガンについての詳しい解説はコチラ 人間の体は60兆個の細胞からできていますが、それら・・・

エイズ(HIV)後天性免疫不全症候群

HIVウイルス

(提供元:国立感染症研究) エイズ・AIDS(後天性免疫不全症候群)とは 厚生労働省が発行した厚生労働白書によれば、エイズウィルス感染者は増加傾向にあり国内でエイズが爆発的に蔓延しているにもかかわらずエイズへの関心が薄れ・・・

尖形コンジロームの感染経路、症状、治療法

尖形コンジローム・ヒトパピローマウィルス

(提供元:国立感染症研究) 尖形コンジロームとは 尖形コンジロームは、ヒトパピローマウイルス6、11型等よって引き起こされるウイルス性性感染症で、生殖器とその周辺に発症します。 潜伏期間は平均3ヶ月とされ、3週間から8ヶ・・・

毛じらみ症の感染経路、症状、治療法

毛じらみ症(けじらみしょう)とは、ケジラミという吸血昆虫による性行為感染症です。 成虫の大きさは1mm~2mmで肉眼的には、陰毛の毛根にしがみついている時はシミに見えます。 この虫が陰毛を移動中にはフケにしか見えないため・・・

トリコモナス感染症

トリコモナス原虫

トリコモナス症の病原体と感染経路 トリコモナス膣炎は、膣トリコモナス原虫という寄生虫により引き起こされる病気です。 トリコモナス原虫とは、べん毛が生えた0.1mmほどの原虫で膣や膀胱の中を泳ぎまわります。 性行為により性・・・

ウィルス肝炎の感染経路、症状、治療法

HBV(B型肝炎)

ウィルス肝炎にはウィルスの種類によってA型B型C型D型などの種類があります。 更に詳しい肝炎についての詳細はコチラ A型ウィルス肝炎は食物により感染します。 B型とC型の肝炎ウィルスは、感染ルートとして血液感染があります・・・

梅毒

梅毒トレポネーマ

(提供元:国立感染症研究) 梅毒とは 梅毒は、トレポネーマ・パリズムという病原体によって引き起こされ感染力が非常に強く、放置すると子孫にも深刻な影響を及ぼす古くから世界中に広く分布している病気なのじゃ この菌は低酸素状態・・・

性器ヘルペスの感染経路、症状、治療法

性器ヘルペス

(提供元:国立感染症研究) 性器ヘルペスも感染が多い病気とされ単純ヘルペス・ウィルスに感染することにより発病します。 潜伏期間は2日~10日程度とされ、単純ヘルペスウィルスにはⅠ型とⅡ型の2種類があります。 自然感染で最・・・

淋菌感染症(淋病)

淋菌

(提供元:国立感染症研究) 淋菌感染症とは 淋菌感染症は、淋菌の感染により発症する性感染症で 性交や性交類似行為で感染することが殆どじゃ 淋菌というのは弱い菌で、患者の粘膜から離れると 数時間で感染性を失い、日光、乾燥や・・・

性器クラミジア感染症

クラミジア

(提供元:国立感染症研究) クラミジア感染症とは クラミジア感染症の病原体は、クラミジア・トリコモナス という微生物で、 この病原体が性行為によって保菌者から感染し発症するんじゃよ また、口腔性交による咽頭への感染も少な・・・

B型肝炎|キャリアの10%が慢性肝炎3%が肝硬変と肝癌に

HBV(B型肝炎)

(提供元:国立感染症研究) B型肝炎ウイルスの中では感染力の強いウイルスで、血液や体液を介して感染します。 日常生活の場で感染する危険性は、きわめて低いものとされます。 慢性肝炎とは、通常6ヵ月以上肝炎が続いている状態を・・・

C型肝炎|キャリアの7割が慢性肝炎に移行する

HCV(C型肝炎)

(提供元:国立感染症研究) C型慢性肝炎とは、肝炎を起こすC型肝炎ウイルスの感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。 放置しておくと、長い経過のうちに肝硬変や肝がんに進・・・

このページの先頭へ