ウィルス肝炎の感染経路、症状、治療法

ウィルス肝炎にはウィルスの種類によってA型B型C型D型などの種類があります。

更に詳しい肝炎についての詳細はコチラ

A型ウィルス肝炎は食物により感染します。

B型とC型の肝炎ウィルスは、感染ルートとして血液感染があります。

性行為による感染、母子感染、その他に、輸血や血液製剤、注射針などの感染ルートがあります。

感染者と性行為をしても必ず感染すると言う訳ではなくウィルスの量によって感染しない場合もあります。

B型肝炎ウィルスの潜伏期間は1~6ヶ月間、C型肝炎ウィルスの潜伏期間は2~6週間前後とされています。

症状は、全身の倦怠感、食欲不振、吐き気、黄疸などがあります。

ウィルス肝炎は、十分な栄養摂取と安静が重要とされます。

肝炎は慢性化することも有り、治療については医師と相談しましょう。

B型肝炎については、妊婦の抗体検査は公費で行われており母子感染の予防のためにも検査を受けましょう。

HBV(B型肝炎)

B型肝炎の治療法は、急性肝炎ではA型肝炎と同様に、安静が治療の基本です。

食欲がないときにはブドウ糖中心の点滴を行い、栄養を与えることが必要です。

慢性肝炎では、肝硬変へ移行するのを食止め慢性肝炎の段階で治癒することが目標で、治療薬は大きく分けて2つあります。

1つは肝炎ウイルスの増殖を抑える抗ウイルス剤(インターフェロン)、もう1つは肝臓の炎症を抑える肝庇護薬です。

また、ステロイド剤の投与を突然中止して炎症を悪化させるリバウンド現象を利用した、ステロイド離脱療法があります。これは慢性肝炎の治療時にステロイドを比較的大量に短期間投与して肝炎を抑制し、

その後突然投与を中止します。そうすることで炎症を再燃させ、急性肝炎の状態に持ち込んでウイルスを排除しようという治療法です。

HCV(C型肝炎)

C型肝炎の治療法は、C型急性肝炎も基本的には前述の急性肝炎と同様、安静が基本です。

ただし、C型は慢性化する確率が非常に高い肝炎で、7割ぐらいの人が慢性肝炎へと移行します。

C型慢性肝炎の治療の基本はインターフェロン療法です。

C型慢性肝炎と確定したら、まずウイルス量と遺伝子のタイプを調べます。

これは、インターフェロン療法が適するかどうかを判断するためです。

適さない場合は、一般的には肝庇護薬による治療で肝機能の改善を図ることになります。

男性用STD4種+のど2種(内部展開図) 女性用STD4種(内部展開図)

自宅でできるウィルス性肝炎を調べる郵送検査の詳細

このページの先頭へ