性病検査

性病検査キットについての解説

性病を検査中の女医

性感染症は目立った自覚症状が無いため感染した本人が気づかない場合が多いとされ、適切な治療が行われないまま放置しておくと感染が進行したり他の人に感染させてしまう危険性があるので、性病と思われる症状があった場合は早めの検査が必要です。

女性は特に性感染症による炎症が卵管に広がり卵管がつまると不妊症の原因となり、将来についての回復不能な障害を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

また、検査をする時、特定のパートナーがいる場合はお互いにうつし合う、ピンポン現象と呼ばれる相互感染状態がありなかなか治らないことがあります。

もし性病かなと思われる症状があったら、パートナーと一緒に検査を受けるようにしましょう。

また、症状が軽いからといって性病を放置すると、血液感染をするエイズや肝炎など他の性感染症にかかる可能性が高まるので、症状が軽いからと言って放置するのは避けましょう。

性病(性感染症)の検査をどこで受けるか?

悩む女性

病院や保健所でも検査を受けることが可能ですが、明らかな症状が出ていない場合や病院の方針により健康保険が適用されない場合があるので事前に病院へ連絡して確認しておきましょう。

また、健康保険で診察を受けると医療費通知によりどのような病気かがご家族等に知られてしまうので、プライバシーを守りたい方は良い選択では無いかもしれません。

病院で検査をする場合は、検査を受ける日と結果を聞きに行く日など最低2回検査の為に通わなければいけない上、長い待ち時間や行きたい時間に病院が空いていないなどあり時間に余裕がとれる方以外難しいでしょう。

もう一つの選択肢として、性感染症の検査キットがあり人に知られず検査をしない人は重宝をしているようです。

国の認定の検査所で病院が委託している検査所と同じ為、検査精度も変わりません。

ですので、下記に該当する人は検査キットを選択をするのが良いかもしれません。

検査キットをおすすめする人

  • 性病かな?と思うことがある
  • 性器やおりものに異常を感じる
  • 排尿時や性交時に痛みや違和感を感じる
  • 人に知られず検査をしたい
  • 自分の好きな時間に検査をしたい(時間を選ばない)
  • 自宅で検査をすませたい(場所を選ばない)

喜ぶ女性

検査をすることで将来取り返しのつかないリスクを減らすことはもちろんですが、「もしかしたら?」と悩み続けて生活することは意味の無い苦しい時間を過ごすようなものです。

検査結果が陽性になるにしろ陰性になるにしろ、結果がわかれば現状の不安に過ごしている状態から抜け出し前に進むことができるのです。

宅配ドクターの性病(性感染症)の検査キット

宅配ドクター

検査キットの選び方

疑わしい症状がある場合は、勝手な思い込みで1つまたは2つの病気に絞りこんで検査を受けることは禁物です

なぜなら、性感染症の症状は似たような症状が多く、1つの病気の検査結果が良くても他の性病の可能性が残るからです。

ですので、検査キットを選ぶ時は複数の病気を調べれるキット選ぶことが良く、喉の検査を加えるかどうか?重篤な病気を検査をする血液検査を加えるかどうか?という形で、リスクや可能性から選択することがトータルではリーズナブルな商品を選ぶことになります。

男性の性病検査

男性用STD4種(外箱) 男性用STD4種+のど2種(内部展開図)

男性用 検査内容 (病気の重症度と発生頻度)

検査内容検査する病気重症度発生頻度
血液検査・B型肝炎・C型肝炎・エイズ・梅毒★★★★★★★☆☆☆
尿検査・淋菌・トリコモナス・クラミジア★★★★☆★★★★★
陰茎擦過物検査・カンジダ★★☆☆☆★★★★★
のどの検査・のどの淋菌・のどクラミジア★★★☆☆★★★★★

男性用 検査キット一覧

商品名検査する病気検査内容価格
男性用STD4種・淋菌・クラミジア・カンジダ・トリコモナス尿検査・陰茎擦過物検査(税込・送料込)8,400円
男性用STD4種+のど2種・淋菌・クラミジア・カンジダ・トリコモナス・のどの淋菌・のどクラミジア尿検査・陰茎擦過物検査・のど検査(税込・送料込)13,650円
男性用STD6種・淋菌・クラミジア・カンジダ・トリコモナス・エイズ・梅毒血液検査.尿検査・陰茎擦過物検査(税込・送料込)9,975円
男性用STD6種+のど2種・淋菌・クラミジア・カンジダ・トリコモナス・エイズ・梅毒・のどの淋菌・のどクラミジア血液検査.尿検査・陰茎擦過物検査・のど検査(税込・送料込)14,700円

男性が検査キットを選ぶ場合は、行為から推定されるリスクから検討すればよいかもしれません。

性行為や類似行為があったとして、行為の最初から最後までコンドームを装着していたのならば、STD4種で十分かと思われますが、コンドームの装着がなかったり途中からの装着であればSTD6種が良いでしょう。

また、風俗店などでキスや女性器に口が接触しているようならば、それぞれ+のど2種を含むセットを選択するのが望ましいと思われます。



女性の性病検査


女性用STD4種(外箱) 女性用STD4種(内部展開図)

女性用 検査内容 (病気の重症度と発生頻度)

検査内容検査する病気重症度発生頻度
血液検査・B型肝炎・C型肝炎・エイズ・梅毒★★★★★★★☆☆☆
膣分泌液検査・淋菌・トリコモナス・クラミジア・カンジダ★★★★☆★★★★★
のどの検査・のどの淋菌・のどクラミジア★★★☆☆★★★★★

女性用 検査キット一覧

商品名検査する病気検査内容価格
女性用STD4種・淋菌・クラミジア・カンジダ・トリコモナス膣分泌液検査(税込・送料込)8,400円
女性用STD4種+のど2種・淋菌・クラミジア・カンジダ・トリコモナス・のどの淋菌・のどクラミジア膣分泌液検査・のど検査(税込・送料込)13,650円
女性用STD6種・淋菌・クラミジア・カンジダ・トリコモナス・エイズ・梅毒血液検査・膣分泌液検査(税込・送料込)9,975円
女性用STD6種+のど2種・淋菌・クラミジア・カンジダ・トリコモナス・エイズ・梅毒・のどの淋菌・のどクラミジア血液検査・膣分泌液検査・のど検査(税込・送料込)14,700円

女性が検査キットを選ぶ場合は、男性より後遺症などがあり放置の結果より重篤な症状となるため、許容できるリスクも考慮すると良いでしょう。

性行為や類似行為があったとして、行為の最初から最後までコンドームを装着していたのならば、STD4種で十分かと思われますが、コンドームの装着がなかったり途中からの装着であればSTD6種が良いでしょう。

また、コンドーム無しのオーラルセックスなどをした場合は、それぞれ+のど2種を含むセットを選択するのが望ましいと思われます。



性病の種類別検査の内容


女性は、膣分泌液の採取と血液検査で主な性病の検査はできますが、

男性は病気別に血液の採取の他に尿と陰茎擦過物を採取しなくてはなりません。

膣分泌液の採取は綿棒で膣をこすりカルポータ―と言う試験管のような容器に入れ、陰茎擦過物の採取は陰茎を綿棒で表面をこすり採取します。

うがい液は男女とも共通で、水道水でうがいをし、吐き出した水を採取し検査をします。

血液検査は、ランセットという小型の針を指先に当て、出てきた血液をろ紙に当てて、ろ紙を検査します。

具体的にイメージが出来ない場合は、下記のリンク先に図入りで採取法を解説しておりますので参考にすると良いでしょう。

(男女共通)血液検査

血液検査は、血液中の成分や抗体を調べることでウィルスや特定の細菌の有無を調べます。
調べられる病気は、男女共にHIV・梅毒・B型肝炎・C型肝炎です。

(男女共通)血液検査の方法についての解説

(男女共通)のどの検査

クラミジアと淋菌は性器だけではなく、のどにも感染します。

のどの検査は、水道水でうがいて吐き出した水を検査します。

調べられる病気は、男女共にクラミジアと淋菌です。

(男女共通)のどの検査(うがい液採取)の方法についての解説

(女性のみ)おりもの(膣分泌液)の検査

これは女性だけの検査で、めんぼうで膣の粘膜をこすり分泌液を採取し、細菌や原虫の有無を調べます。

調べられる病気は、女性のクラミジア・淋菌・カンジダ・トリコモナス原虫です。

(女性)膣分泌物を検査する方法についての解説

(男性のみ)尿検査

男性の排泄した尿を採取し、細菌や原虫の有無を調べます。

調べられる病気は、男性の淋菌、トリコモナス、クラミジアです。

(男性)尿検査の方法についての解説

(男性のみ)陰茎擦過物の検査

男性の性器を綿棒でこすり表面の細菌の有無を調べます。
調べられる病気は、カンジダ症です。

(男性)陰茎擦過物を検査する方法についての解説

性病検査の精度

精度

宅配ドクターの検査は、国認定の検査機関で検査がなされるので、病院と同じ精度で検査を受けることが可能です。

試薬から検査方法全てが病院と同じです。

プライバシー

プライバシー

プライバシーに配慮された梱包がなされているので、外からは何を買ったかがわかりません。

また、配送伝票などの伝票類にも記載されていないので、同居の方がいらっしゃっても安心です。

配送先にヤマト営業所を選択する「配送所止め」も可能ですので、安心です。

詳しくは

性病(性感染症)の予防

予防の重要性

クラミジア感染症や淋菌感染症は進行しても生命を脅かすことはありませんがHIVは、放置するとエイズを発病して生命を脅かします。

性感染症は身近な病気であり、誰でもかかる可能性があることを自覚する事が大切です。

体調がおかしくて、心当たりがある場合は検査をしてパートナーや家族に伝染ることを防がなければなりません。

また、性行為ではコンドームをつけることで感染のリスクを低減できます。

コンドームは、性感染症の原因となる性器及び口腔粘膜等の直接接触を妨げる物理的障壁として、性感染症の予防に対する確実かつ基本的な効果を有するものです。

その効果とともに、コンドームだけでは防ぐことができない性感染症があることや、正しい使い方の具体的な情報を知っておくことも大切です。

性感染症が及ぼす影響

性感染症は、他の病気に進行しやすくなるので注意が必要です。

エイズにも感染しやすくなりますし、不妊症、性器ガン、異常妊娠、眼感染、直腸感染、口腔感染などのリスクが高まります。

また、母子感染では、クラミジア → 結膜炎、肺炎、淋菌 → 新生児膿漏眼、梅毒 → 先天梅毒、カンジダ → 鵞口瘡、HIV → HIVキャリア、ヘルペス感染症 → 新生児ヘルペス、などの母子感染のリスクが高まりますので注意が必要です

このページの先頭へ