口角炎は胃腸病より偏食が原因

口角炎で痛がる女性

口角炎は、口角つまり唇の両端に炎症を生じ、亀裂や腫れができる皮膚疾患です。

口角炎は、ビタミンB群欠乏症で、感染に対する抵抗力が低下しているときに細菌が感染しておこります。

ビタミンBの基礎知識

口の両端が赤くただれたり湿疹ができたりする口角炎は必ずしも腸病が原因とは限りません。

カンディダと呼ばれる真菌類が皮膚を刺激してかぶれを生じるのが主因と考えらます。

カンジダはもともと口腔内やその他の体表に存在している菌である常在菌で、健康な人体は免疫により過度の増殖を防いでいるが、体調の悪化などで免疫力が落ちると繁殖して日和見感染を起こすことがあります。

カンジタ菌そのものは、元来はヒトの体表や消化管、それに女性の膣粘膜に普通に生息するもので、多くの場合は特に何の影響も与えません。

他の原因として、ビタミン欠乏(B2・B6)ステロイド剤などの薬剤の濫用が誘因になることもあります。

俗にカラスのおきゅうと言われています。

この言葉は、食べすぎの戒めの為に使われていますがビタミンB2の不足が原因だとされています。

ビタミンB2は、こんぶ、ホウレンソウ、豚肉、鶏肉、きのこ類に多く含まれています。

口角炎が出来やすい人はこれらを積極的に摂取することをお勧めします。

より早く治す方法としては、専用の塗り薬やビタミンB2剤がありますが食生活を変えないと再発する可能性がございます。

栄養状態を改善し、バランスのとれた食生活を心がけることが重要である。

このページの先頭へ