胃の不調と体重減少

胃の写真

胸やけ、食欲不振、げっぷ、嘔吐といったの不調が続く時は注意が必要です。

日本人の4人に1人、中でも多くの女性が胃の不調を抱えていると言います。

胃に不快な症状がある場合、胃の働きや胃液の分泌、胃壁に何らかのトラブルが起きている可能性があります。

また、このような症状は、胃に限らず大抵の消化器の病気にみられ、食べ過ぎや飲み過ぎが原因の時は、消化のよい食事でよわった胃の回復をはかります。

制酸剤、消化酵素剤などによって、よわった胃を保護し働きを助けてやることも大切です。

ストレスで胃壁がただれている時は、急激なストレスで胃が痛む時は休息、暖かい食事、牛乳(胃壁を保護する)などを摂る、気分転換をはかる、医師に相談するのも良いでしょう。

高齢者の胃弱の場合は、無理をせずに消化のよい食事を規則正しく摂る、消化酵素剤や栄養剤の服用など、日常的な注意で改善することが可能です。

過労により胃が不調の場合は、休息や睡眠、規則正しい生活、食事のリズムを取り戻す、消化酵素剤などで弱った胃の働きを助けてやることが必要です。

胃もたれの原因

胃の機能低下状態・加齢や体調によって胃が弱り、胃の運動も低下

加齢とともに、胃の能力も減退します。

繰り返す胃もたれなどの不快症状は、加齢や体調によって胃の働きが低下しているために起こると考えられます。

朝起きた時に胃がもたれている原因としては、前日の夕食が脂っぽいものであったり、夕食時間が遅かったりしたために食べものが十分に消化されず、胃内に滞留していることが考えられます。

ストレスの影響を受けて胃の働きが低下

ストレスが原因の胃もたれでは、胃の粘膜を守る粘液の分泌が少なくなり、食べものを消化するのに必要な蠕動運動も弱ってしまうため、食べたものが消化されず、なかなか十二指腸へ送られない事が考えれれます。

膨満状態・胃の働きに対して過度の負担

食後に胃がもたれる、胃が重い、お腹が張るというのは、胃の中の食べもので胃に負担がかかっていることが考えられます。

胃が膨満状態の場合は、食べたものの消化を補助する対策が必要となります。

胃がんの可能性

また、医者に決められた薬を飲んでいても良くならない体重が減ってきたといった症状が重なる時は胃がんの可能性もございます。

がんは、言うまだもなく早期発見が治療の決め手です。

飲み過ぎや食べ過ぎであろうとたかをくくっていると病気のシグナルを見逃すことになります。

もし、胃の不調が長く続いたり体重の減少などが見られる場合はしかるべき検査をきちんと受けることをお勧めいたします。

簡単痛くない自分で出来る胃がん検査キットはコチラ

このページの先頭へ