胸やけが続く場合は要注意

胸やけ

みぞおちが焼けるように感じることを胸やけと言います。

逆流性食道炎状態

甘い和菓子やさつま芋などを食べた時によく起こりますが、これは食べた物がに停滞している時間が長いためでより盛んに分泌された胃液が食道の下部に逆流し食道粘膜を刺激して起こります。

このように、胸焼け症状のなかには、食べものを消化するために分泌された胃酸が、食道へ逆流してしまうために起こる場合があります。

原因としては、脂肪分の多い食事をとることが多い、高齢である、肥満傾向にある、などが考えられます。

一過性の胸やけなら消化酵素製剤を飲むと落ち着きますが、長時間続くものや、焼けるような痛みを伴う胸やけでは注意が必要です。

多くの場合は、胃酸や胃の内容物が食道下に逆流して粘膜を刺激するために起こります。

食道粘膜がただれているか傷ついている事が多くいちばん考えられるのが食道炎や食道痙攣といった食道の病気です。

また、十二指腸潰瘍でもほとんどの人が胸やけを訴えます。

異常に分泌された胃酸が、胃と腸の境目にある十二指腸球部に潰瘍をつくりそれが球部を狭くするために胃液が腸よりも胃の中にたまるようになって食道に逆流します。

これが食道の粘膜を刺激して胸やけを起こすわけで時には、胃液が口の中にまで逆流してくることさえあります。

胃荒れ状態

アルコール、刺激性食品の影響で胃粘膜が荒れていたり、仕事上のストレスなどの影響を受けて、胃酸の分泌が過剰になってしまい、胃の粘膜が荒れています。

朝起きたときに胸焼けを感じる原因には、前日に飲んだアルコールが、胃粘膜を直接刺激している可能性が考えられます。

また、ストレスなどの刺激を受けて体調が乱れ、夜間の空腹時に胃酸の分泌が過多になっていることが原因かもしれません。

飲み過ぎなどの食生活の乱れや生活上のリズムの乱れは、胃の働きにも影響を与え、必要ないときに胃酸の分泌が過多になってしまうので、胃酸などが胃粘膜を荒らしてしまいます。

このページの先頭へ