大腸の働き|水分を吸収する

元気な腸

主な働き:消化物の水分を吸収し、固形化して大便をつくる

大腸の構造と働き

消化物の残りカスを大便に変える

大腸は盲腸・結腸・直腸の3つの部分からなり成人で約1.5mの長さがあります。

大腸の主な働きは水分の吸収で、小腸から大腸へ送り込まれたどろどろの消化物は結腸を進む間に徐々に水分を吸収され、最初の4分の1の容積になります。

盲腸

小腸から大腸に移行する部分を回盲弁より下を盲腸と呼び先端に虫垂という突起があります。

動物によっては、消化機能を果たす場合もありますが人間の盲腸にはこれといった役割はありません。

結腸

上行結腸、横行結腸、下行結腸S状結腸の4つの部分からなり小腸で消化・吸収された消化物の残りカスは、ぜん動運動によってこれらの部分を進みます。

ここでは、小腸で消化吸収されなかった繊維質などを分解して吸収するほかある程度の水分も吸収します。

こうして結腸を進みながら、消化物は大便としての形を整えていきます。

直腸

S状結腸と肛門とを結ぶ20cmほどの長さの器官でここには消化・吸収の機能はありません。

小腸・結腸と進んできた消化物は直腸に至るまでに完全に大便となります。

水分を絞り取る大腸のくびれ

消化物は縦走筋と輪状筋が起こすぜん動運動によって上行結腸から横行結腸、下行結腸、S状結腸へと進みこの間に絞り取られるように水分は吸収され、固形化していきます。

大腸に入った消化物はS状結腸で、当初の約4分の1の容積になります。

大腸の壁面には一定の間隔でふくらみとくびれがあり機能としては内容物を溜めることとぜん動運動が起きている際に内容物から水分を吸収しやすくするためです。

大腸の病気 一覧

このページの先頭へ