膵臓(すいぞう)との働き|膵液の分泌と血糖値の調整

膵臓

膵臓(すいぞう)の構造

消化液である膵液や、血糖値を調節する2種類のホルモンを分泌

の裏側に位置する長さ15cmの臓器

胃と脊椎の間にあり、十二指腸に抱え込まれるような場所にある膵臓(すいぞう)は長さ15cm、厚さ2cmほどの器官で、色は黄色です。

胃のちょうでお裏側に位置するため、体表からは触り難く膵臓に炎症がおこると腹部の左上あたりに痛みを感じます。

膵臓のうち、十二指腸に接している部分を東部、中間を体部、脾臓に接している部分を尾部といい頭部から尾部に行くほど幅が狭くなっています。

また、脾臓では、腸での消化を助ける膵液(すいえき)が生成されます。

膵液(すいえき)の働き

膵液(すいえき)を分泌する外分泌機能

膵液にはタンパク質を分解する、トリプシン、デンプンを分解するアミラーゼ脂肪を分解するリパーゼなどの多くの消化酵素が含まれ胃酸によって酸性に傾いた内容物の中和や胆嚢から分泌される胆汁の助けを借りながら腸内での消化活動をスムーズに行います。

膵液が1日に分泌される量は、成人で約1Lです。

食物が胃から十二指腸に入ると同時に十二指腸では消化管ホルモンが血中に分泌され膵臓を刺激して膵液が十二指腸にある十二指腸乳頭から分泌されるしくみになっています。

ホルモンをつくる内分泌機能

膵臓にはランゲルハンス島と呼ばれる特殊な細胞の集まりがあり、その細胞集団からインスリンとグルカゴンという正反対の性質を持つ2つのホルモンが分泌され血糖値を調整しています。

ランゲルハンス島のB細胞から分泌されるインスリンは血液中のブドウ糖がエネルギー源として消費されるのを促し脂肪にかえて脂肪組織に蓄えたり、グリコーゲンに変えて肝臓に蓄える働きがあります。

また、A細胞から分泌されるグルカゴンは全身の脂肪組織の脂肪をブドウ糖に変えた、肝臓に蓄えられているグリコーゲンをブドウ糖に戻す働きがあります。

膵液(すいえき)が分泌される仕組み

ホルモンの操作で分泌される膵液

膵液は自律神経の働きにより分泌されます。

食べ物を見たり、臭いを嗅いだだけで分泌されますが膵液分泌は基本的にはホルモンによって操作されています。

食物が胃から十二指腸の粘膜に触れると、その刺激で膵臓から2種類のホルモンが分泌されます。

1つは消化管ホルモンの1種であるパンクレオザイミンで、これにより線房が刺激され、有機成分、電解質、水分を分泌します。

もう1つは消化管ホルモンのセクレチンでこれによって導管が刺激され電解質と水分を分泌します。

胃から送られてきた消化物には、まだ胃酸の影響で酸性が残っており膵液中の消化酵素の多くはその力を発揮することが出来ません。

しかし、消化酵素は導管を通る間に炭酸水素ナトリウムを主体とする電解質や水分と混じって、弱アルカリ性の液体になるため消化物の酸性が中和され、消化力を発揮することができるのです。

膵液は、胃や唾液腺が正常に機能しなくても十分にそれを補える消化能力を持っているのです。

膵臓が膵液で溶けない理由

膵液は非常に強力な消化液ですから膵臓自体を溶かしてしまっても不思議ではありません。

しかし膵臓が溶けることが無いのはアミラーゼとリパーゼ以外の消化酵素が十二指腸に入るまで不活性の状態にあるからです。

例えば、トリプシンは、膵臓内ではトリプシノーゲン、エラスターゼはプロエラスターゼという不活性の形で存在します。

これらの他に、タンパク質分解酵素や脂肪分解酵素も膵臓の中では不活性な状態で存在します。

膵液の消化の働き

  • タンパク質の分解
  • 炭水化物の分解
  • 脂肪の分解

急性膵炎

胆道の出口が閉鎖され、胆汁が膵管に逆流したり細菌感染が起きたりして膵臓の中で消化作用を起こすことが原因です。

脂肪の多い食べ物の摂取や、過食、飲酒なども誘因になります。

症状は、上腹部の激痛で胃痙攣とも呼ばれます。

痛みは持続性があり、背中や左腹部、左肩などの放散痛や血液の低下、を伴うことがあります。

膵臓と脾臓の病気一覧

このページの先頭へ