食道の働き|食べ物を胃に送る

ぜん動運動により食物をへ送り込む

食物が通過する仕組み

食物は重力で胃に落下する訳ではない

食道とは、喉と胃を結ぶ管状をした食物の通り道で、その長さは、成人で約25cm。

断面は、左右2cm、前後約1cmの楕円形をしています。

管は、普段はつぶれており、食べ物が通る時だけ大きく広がります。

食物は、重力によって胃へ落下する訳ではなく管の壁にある輪状筋と縦走筋が波のようにぜんどう運動をして食物を胃へ強制的に送り込むのです。

身体を横にしていても食物が胃に送られるのはこのぜん動運動のおかげなのです。

また、食道の内壁からは粘液が分泌されて食物が通過しやすくなっています。

食道の構造

食物がよくつかえる場所

食道は、構造的に、入口、気管支炎が交差する部分、横隔膜を貫いている部分の三か所がくびれて細くなっています。

三か所とは食道の入り口、気管分岐部、横隔膜貫通部、胃を指します。

そのため、食物を十分にかまずに飲み込むとこれらの部分でよくつかえます。

食事の間に、食べ物がつかえるような症状を訴える人の多くは病気ではなく精神的なものであるケースが多いと言われています。

しかし、同時にくびれた三か所は食道がんの出来やすいところでもあるので良く噛んでいるのによく食物がつかえたり、いつも同じ場所で食物がつかえるといった違和感がある場合は注意が必要です。

食道の病気の種類

このページの先頭へ