悪玉菌を減らす

減らす方法

悪玉菌のエネルギー源は人間がエネルギーとする肉類、脂肪分、高たんぱく食品、糖分などでたんぱく質や脂肪分を餌としてアンモニアや硫化水素、インドールなどの有害ガスを排出します。

だからといってこれらを食べない訳にはいきません。

一方、身体に有益な善玉菌が摂取できて身体に有害な悪玉菌が摂取できないエネルギー源があります。

オリゴ糖に代表される難消化食品群で胃や腸で消化吸収されず大腸まで届くことが出来、更に悪玉菌が栄養源に出来ないプレバイオティクスと呼ばれる食品群です。

腸内の善玉菌が優勢な状況だとその菌体の働きにより悪玉菌の増殖を抑えられます。

プロ・バイオティクス
・・・腸まで届く強い善玉菌(乳酸菌群)を摂取
プレ・バイオティクス
・・・善玉菌のえさになるエネルギー源を摂取

腸内を善玉菌優勢の状態にしておくことが必要である事で悪玉菌の増殖を抑えられる事ができるのです。

抗生物質は腸内細菌のバランスを崩す

医学は、抗生物質などの薬剤の進歩とともに発展してきたと言えます。

しかし、薬剤には常に副作用の問題があり、抗生物質の腸内細菌に対する影響について注意をする必要があります。

抗生物質を服用すると腸内環境のバランスが崩れ善玉菌の菌数が減り、悪玉菌や日和見菌の数が増加することは数々の実験で確認されています。

これは、菌交代症と呼ばれ、抗生物質に負けない耐性菌が出現する原因ともなります。

こうした菌が病原菌の場合は、重篤な感染症を引き起こすほか免疫力が落ちていると他の器官へ菌が侵入して日和見菌感染を引き起こすこともあります。

薬を安易に使い過ぎることは、腸内環境に悪影響を及ぼすほか新たな病気を作りだす原因ともなります。

具体的な腸内環境への影響としては抗生物質は腸内の腸内細菌嚢つまり善玉菌と悪玉菌のバランスを変化させる要因の一つだと言われています。

抗生物質を飲むと有害菌も死にますが同じように善玉菌にも影響を与えます。

腸内では善玉菌と悪玉菌が共生していますが菌によって耐性が違うので同じ比率が保たれるわけではありません。

また、抗生物質にも強力なものもあればグラム陽性菌だけを殺すようなものもあり千差万別です。

このようなことが抗生物質を飲むと腸内細菌のバランスがくずれお腹の調子が悪くなるといった原因になると考えられます。

お腹の弱い方は抗生物質を飲むときには乳酸菌などの善玉菌を意識して食事をされたほうが良いのかもしれません。

悪玉菌は完全には無くならない

腸内に一定の割合で棲息している悪玉菌ですが、善玉菌を増やすことでその影響力は相対的に減少していきます。

ただ、完全には排除できないのでバランスをコントロールすることが大切です。

悪玉菌にも様々な種類の菌がいて例えば、ウェルシュ菌のように腐敗物質を生み出すだけの悪いだけの菌が存在する

一方、悪玉菌の中にも実は、善の要素を持つ菌も存在します。

例えば、悪玉菌の一種である大腸菌はビタミンを合成したり感染症を防御する働きがあることも確認されています。

一概に悪玉と呼ぶことが出来ないのはこのような事実があるからです。

また、腸内細菌の大多数は善でも悪でもない日和見菌で占められています。

全体的に見れば、有用な菌と有害な菌が腸内で共生していて善玉菌が優勢な状態で保つことが健康には良いととらえておけばよろしいでしょう。

ちなみに、健康な大人の腸内フローラでは善玉菌の割合は20%程度とされ体質改善により組めばその割合がどんどん増すという訳ではありません。

役に立たない有害な菌が存在していてもこの20%の善玉菌が働いていれば腸内フローラは安定し健康は保たれるのです。

悪いものは完全に無くならないので、抑えるるコントロールをするように意識をしていけば無理せず健康は保っていけるのです。

腸内環境を健康に保つ方法の詳しい解説

プロバイオティクス