無性生殖と有性生殖

生殖

1:無性生殖:配偶子(精子と卵子)を使わない生殖

・分裂・・・アメーバ、ゾウリムシ、イソギンチャク最も単純な生殖方法は分裂です。

アメーバやゾウリムシといった単細胞生物はこの分裂によって増殖をしますが、分裂で増えるのは単細胞生物だけでは無く、例えば、イソギンチャクのような多細胞生物も分裂で増殖します。

・出芽・・・酵母菌、ヒドラ

分裂と似ていて、小さい突起が生じてだんだん発達して次の個体になるのが出芽です。

酵母菌というカビはこの出芽で増殖し、ヒドラという動物も出芽で増殖します。

・栄養生殖・・・じゃがいも、さつまいも

植物の花は生殖の為の器官で、これを生殖器官と言います。

通常の植物はこの生殖器官を使い、次世代の個体をつくります。

植物の中には、茎や根や葉といった、生殖のための器官ではない部分から、次の植物をつくれる植物がありこれを栄養生殖と言います。

例えば、じゃがいもの芋を切断すると次のジャガイモが出来たりしますがこれを栄養生殖と言います。

園芸で挿し木や接ぎ木をしますがこれも栄養生殖を利用しています。

・胞子生殖・・・カビ、シダ植物、コケ植物、藻類

カビやシダ植物やコケ植物は胞子を使い生殖します。

昆布やワカメなどの藻類も胞子で増えますが水中生活をする藻類の胞子はべん毛があり水中を動くことが出来き、このような胞子を遊走子と言います。

2:有性生殖:配偶子を使う生殖

・配偶子同士が合体、受精する。

・卵が受精せずに次の子供になる場合がある。→ 単為生殖

有精生殖を行う動物では、雄が精子を雌が卵をつくりこれらが受精して受精卵を作ります。

この受精卵が分裂して分裂して次の個体を作ります。

卵割

受精卵は分裂をしながら輸卵管の中を運ばれて行きますがこの間の分裂を卵割(らんかつ)と言います。

1週間程度で胞胚という状態まで分裂して子宮内に到達し、これが子宮の壁につくことを着床といいます。

子宮内ではなく輸卵管の中などに着床してしまうことを子宮外妊娠と呼びます。

分化

このように1個だった受精卵が細胞分裂して60兆個まで増えます。

そしてただ増えるだけではなく、細胞ごとに決められた臓器などに役割ごとに成長することを分化と言います。

万能細胞

受精卵が分裂して胞胚という状態になりますが、その時に、内部にある細胞を取り出して人工的に培養して分化しないままで細胞分裂だけ続ける細胞を取り出すことに成功しました。

これをES細胞(胚性幹細胞)と言います。

この細胞は、このままでは分裂するだけで分化しないのですがある条件を与えることで特定の器官に分化することが出来る万能細胞なのです。

この細胞を使い自在に臓器が作られ移植に使えるようにする研究が進んでいます。