ホルモンの抽出

代表的なホルモン

・場所:脳下垂体前葉 
種類:甲状腺刺激ホルモン
働き:甲状腺からのチロキシン分泌の促進
・場所:甲状腺 
種類:チロキシン
働き:代謝促進
・場所:副腎皮質 
種類:糖質コルチコイド
働き:タンパク質の糖化炎症を抑える
・場所:膵臓・ランゲルハンス島 
種類:α細胞 グルカゴン
働き:血糖量増加
種類:β細胞 インスリン
働き:血糖量減少
・場所:卵巣
種類:エストラジオール
働き:女性の二次性徴発現
・場所:精巣
種類:テストステロン
働き:男性の二次性徴発現

ホルモンとは、特定の分泌腺、これを内分泌腺といいますが、血液中に分泌され血液によって運ばれ、特定の器官の働きを調節する物質をホルモンと言います。

例えば、インスリンというホルモンは、膵臓から血液中に分泌され、血流によって運ばれて肝臓の細胞や脂肪細胞に働きかけます。

このようにホルモンは、血流に乗って全身に運ばれます。

これらホルモンは、どの細胞にも働きかけるのではなく特定の器官の細胞にしか働きかけません。

ホルモン受容体

特定の細胞にだけ、そのホルモンと結合する受容体があり、その受容体と結合することでホルモンの働きが発現されます。

ホルモンは血液によって全身に運ばれますが、

ホルモン毎に決まった受容体を持つ細胞だけが結合し働きかけそれぞれの機能を果たすのです。

インスリンの働き

膵臓(すいぞう)にはランゲルハンス島という組織があります。

インスリンはこのランゲルハンス島のβ細胞という細胞から血液中に分泌されるホルモンです。

一方、血液中には一定量のブドウ糖が含まれており、これを血糖と言います。

血糖の量が多くなると、インスリンが分泌され、肝臓の細胞や脂肪細胞が働いて、血液中のブドウ糖をグリコーゲンや脂肪に変える反応を促進します。

ブドウ糖がグリコーゲンや脂肪に変わってしまうと、血液中のブドウ糖を減らすことになります。

食事をとって血糖量が急激に上昇すると、インスリンがたくさん分泌され脂肪が合成され皮下脂肪となってしまいます。

そこで、急激に血糖量が上昇しないような食べ方をするとインスリンの分泌量を減らすことが出来るので、皮下脂肪がつきにくくなります。

このような食事法を低インシュリンダイエットと言い最近注目を集めています。

逆に、血糖量が減りすぎると、膵臓のランゲルハンス島のα細胞からグルカゴンというホルモンが分泌され、また副腎髄質からアドレナリンというホルモンが分泌されグリコーゲンを分解してブドウ糖に変える反応を促進し、血糖量を上昇させる働きをします。

このように血糖量は、一定の値(血液100mlあたり100mg程度)に保たれています。

インスリンの分泌量が少なかったり、インスリンの効果が上手く現れなくなると血糖量を低下させることが出来なくなります。

そうすると血糖値は上昇したままになり、余分なブドウ糖が尿に混じります。

このような健康状態を糖尿病といいます。

・チロキシン

チロキシンは、甲状腺という内分泌腺から分泌され細胞内での好気呼吸を促進するホルモンです。

両生類では、変態(幼体から成体に変わる)を促進する働きがあります。

カエルでは、オタマジャクシから成体のカエルに変わる時このホルモンが大量に分泌されます。

そこで、オタマジャクシの時に甲状腺を手術で取り除くとチロキシンが分泌されず、カエルに変態せず、そのまま成長を続け大きなオタマジャクシになります。

逆に、小さいオタマジャクシに、人工的にチロキシンを与えると変態をして小さなカエルになってしまいます。

この甲状腺を支配するのは、脳下垂体前葉という内分泌腺でここから甲状腺刺激ホルモンが分泌されます。

まとめると、脳下垂体前葉から分泌された甲状腺刺激ホルモンが、甲状腺に刺激を与えると、甲状腺からチロキシンが分泌されます。

しかし、この分泌されたチロキシンが脳下垂体前葉に刺激を与えます。

血液中のチロキシン濃度が高いと、脳下垂体前葉は反応して甲状腺刺激ホルモンを減らすように働きをします。

逆にチロキシンの量が少ない場合は、脳下垂体前葉に対して甲状腺刺激ホルモンを増やす働きをします。

このような調節機能をフィードバック調節と言います。

この機能により、ホルモンの量は一定の範囲になるように調節がなされています。

また、チロキシンは呼吸を促進させる機能があります。

・糖質コルチコイド

副腎皮質から分泌されるのが糖質コルチコイドというホルモンです。

タンパク質をブドウ糖に変化させる反応を促進して血糖量を上昇させたり、炎症を抑える働きがあります。

糖質コルチコイドは、ステロイドという脂質の一種でできているので、この糖質コルチコイド含んで炎症を抑える薬はステロイド剤と呼ばれています。

ステロイドの成分でできているホルモンはこれ以外にも生殖腺から分泌されているホルモンがあります。

二次性徴を発現する男性ホルモン(テストステロン)や女性ホルモン(エストラジオール)などです。

・恒常性

以上のように、血糖量や体液の濃度などをほぼ一定の範囲で調整する機能がありますが、これを恒常性(ホメオスタシス)と言います。

人間には、意識しなくても体調のバランスをコントロールする機能があり、それが崩れると体調は変調をきたし健康に大きな影響を与えます。