血液と血管

1:血液の組成

血液の-固形成分
-赤血球:ヘモグロビンを含み、酸素を運搬する
-白血球:病原体や異物から身体を守る
(好中球・好酸球・好塩基球・リンパ球・単球)
-血小板:血液凝固に働く
血液の-液体成分
-血漿:水・タンパク質・ブドウ糖・イオン・ホルモン・二酸化炭素・尿素

血液の約55%は液体成分でこれを血漿といい、残りの45%は赤血球、白血球、血小板という固形成分です。

・赤血球

赤血球は、核などの細胞小器官を持たない例外的な細胞です。

そのような細胞小器官がないかわりに、ヘモグロビンという物質を、たくさん詰め込んでいる細胞です。

ヘモグロビンは酸素の多いところでは酸素と結合し、酸素の少ないところでは酸素を放すという性質を持っています。

つまり、酸素の多い肺の近くではヘモグロビンは酸素と結合し、末端組織のような酸素の少ない場所を流れる血液中では酸素を放し渡す役割をします。

このようにして、肺から組織の細胞へ酸素が運ばれていきます。

血液中にはこのような赤血球が1mm×1mm×1mmあたり450万個から500万個含まれています。

体全体だと約35兆個の赤血球があることになります。

・血小板

出血してもしばらすくると血が固まり出血がとまりますがこれを血液凝固と言い、この血液凝固に働くのが血小板です。

もともと巨核球という大きな細胞がちぎれて生じた細胞の切れ端のようなものが血小板なのですが、血小板の中には、血液凝固に関係する様々な物質(凝固因子)が多く含まれています。

これ以外で血液凝固に必要な物は、カルシウムイオン、トロンビン、フィブリンです。

トロンビンは酵素の一種で、最初はプロトロンビンという働きのない状態で存在します。

フィブリンは細かい糸のようなもので、フィブリノーゲンという糸になる前の状態で存在します。

カルシウムイオンもプロトロンビンもフィブリノーゲンも血漿中に存在する物質です。

・白血球

白血球にはいろいろな種類があり、リンパ球と呼ばれるのも白血球の一種です。

血液中の細胞で、ヘモグロビンのように物質を持たない細胞全てを白血球と呼びます。

(血小板は細胞ではありません。)

白血球中、最も数が多いのが好中球で白血球の中で5割から7割がこれに相当します。

この好中球は、体内に侵入してきた細菌を食べる働きがあります。

最近を食べた好中球は死んでしまい、それが膿となるのです。

膿は細菌と戦った好中球の死骸の山ということになります。

・血漿

血漿の9割は水分から出来ており、残りの1割はフィブリノーゲン、プロトロンビンなどの血液凝固にかかわるタンパク質、免役にかかわる抗体、カルシウムイオン、ナトリウムイオンなどのイオン、栄養分であるブドウ糖、様々なホルモン、老廃物である二酸化炭素、尿素などが含まれています。

血漿はこれらの色々な物質を運んでくれているのです。

ブドウ糖は、栄養分を吸収した小腸から各細胞へ運ばれます。

そして、各細胞での好気呼吸の材料として使われます。

ホルモンは様々な器官の働きを調節する物質です。

各細胞で生じた二酸化炭素は血液によって運ばれて肺へ行き肺から体外に放出されます。

尿素は血液によって腎臓に運ばれて体外へ排出されます。

このように血液は、酸素やブドウ糖、ホルモンなどを各細胞へ運んでくれる、宅配の働き、各細胞が放出した老廃物を回収してくれるごみ収集の働き病原菌などの侵入に備えて体中をパトロールしてくれる警備の働き血管が破れて出血するとそれを修復する配管工事の働きなどをするのです。

そのような、大切な血液を3割出血などで失うとショック状態に陥り死亡することもあります。

2:血液凝固の仕組み

怪我をして出血すると、血小板から凝固因子が放出されます。

この凝固因子とカルシウムイオンの働きで血漿中にあるプロトロンビンがトロンビンに変化します。

トロンビンはフィブリノーゲンをフィブリンに変身させます。

このフィブリンが赤血球などと絡み付いて大きな塊をつくり血が固まりますが、これを血餅と言い、傷口に出来るのは、この血餅です。

また、試験管に血液を入れておくと、血餅が生じて沈殿しますが血餅にならず上澄み液と成るものがありますがこの液体を血清と呼びます。

血漿と血清は似ていますが、血漿からフィブリノーゲンなどの凝固成分を除いたものが血清にあたります。

出血していないのに、血餅が生じることを血栓と言いこの血栓が血管をつまらせる原因となります。

血栓ができてもこれを溶解する成分がありプラスミンという物質で、これがフィブリンを分解して血栓を溶解するのです。

血栓は血液の停滞などで生じやすくなり、動脈硬化などを併発していると重篤な症状に陥る可能性があるので注意しましょう。