免役グロブリンEがアレルギー反応を引き起こす

アレルギーが起きる仕組み

過剰な抗原体抗体がアレルギー

アレルギーは抗原抗体反応の一つの症状です。

抗原抗体反応とは外部から侵入した異物(抗原)とそれに対抗して出来た抗体が特異な反応を起こした時に出る症状です。

本来であれば、身体を防衛する仕組みによる反応ですがこの仕組が過剰に働くことで強い反応を示し人体に有害になる場合があります。

アレルギーを引き起こす抗体の本体は、免役グロブリンというたんぱく質です。

この免役グロブリンは分子構造と機能によってG・M・A・D・Eの5つに分けられ抗原に対する抗体が放出されます。

かゆみやくしゃみを起こすヒスタミン

アレルギーを起こす物質をアレルゲンと言います。

アレルゲンを持った異物は体内に侵入すると肥満細胞に付着します。

付着するとB細胞からそのアレルゲンに対する抗体であるグロブリンEが放出されアレルゲンと免役グロブリンEが肥満細胞の表面で反応すると肥満細胞の中に蓄えられていたヒスタミンが血中に放出されます。

肥満細胞とは多角性白血球の一種で、ヒスタミンなどの化学物質をたくさん含みふくらんで見えるためにこの名がついています。

アレルギーが起こるプロセス

1:体内に花粉などの抗原が侵入するとB細胞で抗体が作られる。
 ⇓
2:肥満細胞の細胞膜に特殊なたんぱく質が出来る。
 ⇓
3:細胞は抗体をつけ、抗原である花粉等を待ち受ける。
 ⇓
4:抗体に抗原が結合する。
 ⇓
5:ヒスタミンなどの化学伝達物質が放出される。
 ⇓
6:化学物質により血管が刺激される。
 ⇓
7:毛細血管の壁を収縮させて血液中の液体成分が漏れ出る。

これにより、粘膜の分泌が促進され粘膜が過敏になり、かゆみ、鼻水などのアレルギー反応となり症状が現れる。

その他のアレルギー反応

・ぜんそくの原因と症状

気管支が痙攣したり、痰が増加したために肺への空気の出入りが悪くなり急に呼吸困難が起こる病気です。

呼吸の度に狭くなった気道がヒューヒューと音を立てます。

この発作は特に夜中から明け方にかけて多く現れます。

喘息が発症する人は、ある種の物質に対してアレルギー反応を起こしやすくアトピー体質の人に多く現れます。

生活環境の都市化による増加した、汚染された大気、ハウスダスト、建築資材たばこの煙、動物の毛などにより発症しやすくなると考えられています。

喘息の治療と予防

原因物質を遠ざけるなど、症状を抑えることが基本になります。

吸入気管支拡張薬やステロイド薬を使用することもあります。

食物アレルギーの原因と症状

米や小麦粉などの穀物、卵、牛乳、大豆、乳製品などの摂取が引き金となり起きるアレルギー反応です。

症状には、下痢、嘔吐、や湿疹、じんましん、アトピー性皮膚炎、喘息、気管支収縮など重い場合は命にかかわるほど重篤な症状を引き起こす場合があります。

人により、アレルギー症状が多様なため症状から原因物質を特定することは困難です。

検査によりアレルゲンの特定が行われます。

・食物アレルギーの予防と治療

子供は、未消化の食物成分を吸収しやすいので大人より起きやすいとされています。

乳幼児期は食物アレルギーが主体になりますが、成長発育とともに、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎等のアレルギー疾患に移行しやすいと言われています。

他のアレルギーの素因をつくらないためにも食物アレルギーの予防と治療が必要なります。

RASTと呼ばれる特定のアレルゲンに対する血性IgEを測定する方法で特定食物を確定して食物を除去するなどの方法がとられます。

昆虫・薬剤アレルギー

昆虫アレルギーは蚊や蛾、若しくは蜂に刺されるなどされて体内に毒が入ることで起こります。

食物や薬剤は口から肛門を通じる消化管を通り消化吸収をされます。

同じ物質でも口から入っても大丈夫なのに注射をすると反応が起きるなどのケースもあります。

また、植物や金属、うるし、などに接触するとアレルギー反応を起こすなどの症状もあるようです。

乳酸菌とアレルギー抑制の関係

食べ物は口から入って腸に達します。

腸管から体に入った食べ物が免疫反応を起こし、その反応が過度になると、アレルギー発症となります。

アレルギーを引き起こす人がいる一方、平気な人もいます。

数的には平気な人の方が多いと言って良いかもしれません。

平気な人でも卵や牛乳のたんぱく質を純化して血管内に注射すると、アレルギー反応により誰でも死んでしまいます。

しかし、卵や牛乳を口から摂取するのは大丈夫です。

このように腸にはアレルギー反応を起こさない働きがあると昔から言われていますが

特に腸の中の細菌、いわゆる乳酸菌を始めとする腸内細菌、がアレルギー抑制と関係があるのではないかとの研究結果が次々に明らかにされています。

その他にも効果が次々と研究で明らかにされています。

特集記事:アレルギーを抑制する食事法(プロ・バイオティクス)の詳細