機能と働き

免疫機構

機能:生体防御システムとして働く

1:侵入した抗原をマクロファージが処理する。

2:マクロファージはヘルパーT細胞に抗原の情報を教える。

3:その後の反応により、免役は下記の2種類に分かれる。

・体液性免疫

B細胞から分化した形質細胞が産生し、分泌した抗体が抗原と反応して行われる免役。

・細胞性免疫

活性化したキラーT細胞が直接、抗原と反応して行われる防御。

臓器移植に伴う拒絶反応は、この細胞性免疫による。

・免役記憶

一度でも抗原が侵入するとB細胞が増殖して、抗体産生細胞に分化します。

全てのB細胞が抗体産生細胞に分化されるわけではなく、B細胞のまま残っている細胞があり、これを記憶細胞と呼びます。

B細胞から抗体産生細胞に分化したものは寿命が短くB細胞のまま記憶細胞として残っているものは寿命が長いのです。

同じ種類の抗原が侵入した場合は、増殖したB細胞から反応するので1回目の侵入より大量の抗体が作り出されます。

その為、人間は一度かかった病気などにはかかりにくくなるのです。

この免役記憶を利用したものが、ワクチンで病原菌を弱毒化したものを注射します。
 

適応免疫の働き

人体への脅威はしばしば自然免疫を突破する強敵が現れます。

これを攻撃するのが適応免疫なのです。

私たちが普段「免疫」と呼ぶのはこの適応免疫といっても過言ではありません。

適応免疫の働きは自己と非自己の認識などに対する免疫の特性が顕著に現れます。

適応免疫には、液性免疫と、細胞性免疫に大別されます。

バクテリアやウィルスを例にとりますとバクテリアが侵入してきた場合に応答するのが液性免疫で抗体が対応します。

また、ウィルスに対応するのが細胞性免疫でキラーT細胞という細胞が対応します。

ただ、ウィルスが侵入してきた場合にも抗体がつくられますし、免疫物質も出動するなど免疫機構は複雑なのですが、基本的な働きは上記の通りです。

自然免疫の働き

人間は、皮膚と言うバリアによって外界の異物から身を守っています。

ウィルスや病原菌はこのバリアを突破して体内に侵入し攻撃をします。

これらの、ウィルスや病原菌を抗原といいます。

この、抗原に最初に最初に対処するのが自然免疫です。

自然免疫は生体内の常設の防衛機能でインターフェロン等のたんぱく質、マクロファージやナチュラルキラー細胞等の細胞などがこれにあたります。

これらは、常に身体に一定量存在し働いています。

具体的には、細胞などを溶解して排除したり抗体と協力して細胞を攻撃したりしています。

マクロファージは、入ってきた細胞を貪食して解体します。

また、ガン細胞は毎日体内で産まれていますがNK細胞はこういったいガン細胞を攻撃しています。

B細胞が主体の体液性免疫とT細胞が主体の細胞性免疫

体液性免疫の働き

リンパ球による免疫作用の一つが、B細胞が中心となる体液性免疫です。

抗原を持つ異物が体内に侵入してくるとそこにB細胞が集まってきます。

B細胞は抗原と出会い、免役芽細胞に変化します。

免役芽細胞はヘルパーT細胞の助けで抗体を産出する形質細胞に分化します。

形質細胞は抗体を作りますが、この抗体がB細胞表面のグロブリンというタンパク質で、これを抗体として血漿中に放出します。

この抗体が抗原と反応して、抗原の働きを不活性化させるのです。

人間は1億を超える種類の免役グロブリンを持つと言われています。

そして、血漿中に大量に放出された抗体は病原体を取り囲んで分解してしまいます。

このように血漿という体液中の抗体が働く免役を体液性免疫といいます。

細胞性免疫の働き

直接病原菌を攻撃する細胞性免疫

細胞性免疫は抗体を作るのではなくT細胞とマクロファージが直接病原体を攻撃するものです。

抗原を持つ異物が体内に侵入してくるとヘルパーT細胞は他のT細胞に働きかけ攻撃力を持ちます。

このように攻撃力を持ったT細胞はパーフォリンというタンパク質を武器にして病原体を直接攻撃します。

このことから、攻撃力を持ったT細胞はキラーT細胞と呼ばれます。

また、異物の侵入に対してT細胞の一つである遅延型過敏症T細胞がマクロファージを活性化します。

活性化したマクロファージは病原体を殺します。

細胞性免疫は、臓器移植の拒絶反応の原因にもなります。

特集記事:免疫力を高める食事法(プロ・バイオティクス)の詳細