ビフィズス

ビフィズス菌は人間の腸内に存在する代表的な善玉菌です。

主に人間や動物の腸内に存在する乳酸菌の仲間で、人体に有益な効果を示す善玉菌で特に乳児の腸内に多く存在しています。

他の乳酸菌と違い酸素を嫌う性質があり、発酵すると乳酸だけではなく酢酸も発生させることから、乳酸菌とは別の種類とされることもあります。

糖を分解して乳酸、酢酸を作るヘテロ乳酸菌の仲間でもあります。

善玉菌として腸内の環境を整えるほか、花粉症などアレルギー症状の緩和にも貢献していることが分かってきており、腸内フローラを安定させるとともに免疫刺激によって生体活動を促す働きもあるとされています。

1899年、フランス・パスツール研究所のティシエによって乳児の糞便中より発見されました。

本菌以外のビフィドバクテリウム属の細菌も同様にヒトの腸内細菌として、同様の役割を担っていることが明らかになり、ビフィドバクテリウム属に属する細菌の総称としても、ビフィズス菌が用いられています。

ビフィズス菌の特徴

ヒトの腸内に最も多くすんでいる有用な菌であることで、腸内では乳酸菌の10倍から1000倍の1~10兆のビフィズス菌がすんでおり、ビフィズス菌はヒトの腸内に適した菌と言えます。

また、乳酸菌は糖を分解して、乳酸を多く作り出す菌ですが、ビフィズス菌は乳酸以外にも酢酸を作り出し、善玉菌としても働きます。

ビフィズス菌というのは、ビフィドバクテリウム(Bifidobacterium)属に分類されている菌の総称で、その種類は多く、ヒトと動物ではすんでいる菌の種類が異なり、ヒトの腸内からはおよそ10種類のビフィズス菌が存在しているとされ、人によってすんでいる菌の種類も違います。

多様な形態を示すグラム陽性の多形性桿菌で、菌体は短桿状、球状、Y字状、V字状、湾曲状、分枝を伴う棍棒状やスパーテル型をしています。

人間と動物の腸内に存在するビフィズス菌の種類も違い、人間の腸内に存在するビフィズス菌種は動物の腸内からはほとんど見つかりませんので人間のビフィズス菌と動物のビフィズス菌はそれぞれ適した環境が異なるものと考えられます。

ビフィズス菌は乳酸や酢酸といった有機酸を生成し、悪玉菌を減らしたり腸内環境を整えさまざまな生理機能を発揮します。

ビフィズス菌が生成する酢酸には強い殺菌力があり、悪玉菌の繁殖を抑制すると考えられています。

酢酸は食用のお酢として飲むこともできますが、お酢は消化の途中で吸収されて大腸まで届かないため、大腸での働きを期待するのであれば、大腸で酢酸を生成するビフィズス菌を増やすことが重要です。

また、ビフィズス菌が作る酢酸には、強い殺菌力や腸の粘膜を保護する作用があり、酢酸を作る能力の高いビフィズス菌では、病原性大腸菌O157などの予防効果があることが知られています。

この他にも、ビフィズス菌は葉酸などのビタミンB群を作る働きがあり栄養素の吸収にも効果が望めます。

このような体に良い働きをするビフィズス菌を腸内で増やすには、生きたビフィズス菌が含まれる食品を摂取することが大切ですが、全腸内細菌に占めるビフィズス菌の割合は老化と共に低くなるといわれ、また、ストレスや多量の飲酒によっても、腸内のビフィズス菌は減っていくので毎日継続して摂取することが大切です。

また、摂取したビフィズス菌は、腸内で増殖・死滅を繰り返し、数日から長くても1週間ほどで体外に排出されますので、少量ずつでも毎日とるように心がけましょう。

ビフィズス菌の働き(効果)

ビフィズス菌に期待できる働きとしては、整腸作用、高血圧降下作用、抗変異原・抗腫瘍作用、血中コレステロール低減作用、免疫調節作用など、老化や発がんの予防を期待できる生体調節機能があります。

これらビフィズス菌が効果を発揮するには、食品中に十分な量の生きたビフィズス菌が含まれていることが必要ですが、乳酸菌とは異なり、酸素の存在が生残率に影響を与えたり、増殖促進物質を添加しないとビフィズス菌を増殖させることが難しいので、市販されている食品の中には生きたビフィズス菌が少ないものやほとんど検出されない製品もあるとされます。

ビフィズス菌と乳児の栄養

母乳中には、腸内細菌の中でも身体に有益な作用をするビフィズス菌を特別に増やす物質が含まれています。

この物質はオリゴ糖と言われるものでビフィズス因子と名付けられています。

母乳には、赤ちゃんの腸内に良い細菌を増やしている物質が含まれており、その正体がオリゴ糖です。

赤ちゃんは、母胎内で無菌でが、産まれた後に、様々な細菌にさらされて感染しながら細菌との共生を強いられます。

母乳に含まれるオリゴ糖つまりビフィズス菌因子は、赤ちゃんに有益な腸内細菌つまり善玉菌を特異的に増やす作用があることがわかってきています。

免疫抗体は病気にかからない抵抗力をつけることでもろもろの細菌との共生をすむーずにしていると言われています。

プロバイオティクス

その他の腸内細菌の種類

善玉百科事典 悪玉百科事典