TitleD

妊娠中に大きくなったお腹も、出産後はお腹が凹んでぺったんこになり

体重も元に戻ると思いきや、中々元に戻らない

出産後の体重をどうやって減らし、体型を元に戻したらいいか悩んでいませんか?

妊娠中にしっかり増えてしまった体重、ウェスト、ヒップまわりの

脂肪をどうにか減らしたいと誰しもが思うことでしょう。

産後太りは多くの方の悩みの種になっています。

この産後太りを解消するためのダイエット方法が産後ダイエットです。

産後のダイエットで痩せることは、自分の自信にもつながりますので

自分の体と赤ちゃんのためにがんばりましょう。

とはいえ急激なダイエットや過激な運動は産後の体には大きい負担となります。

生後まもない赤ちゃんの育児は、予想以上に体力を使うからです。

夜中に何度か起きて授乳しなくてはならなかったり

夜泣きが毎日続いたりなど生後は慢性的な睡眠不足にもなります。

ですので産後はゆっくり時間をかけて元に戻していくことが大切です。

また、母乳を与えている時期は、赤ちゃんは母体を通して栄養を補給します。

無理な減量などは避け栄養はしっかり摂るようにしましょう。

産後ダイエットにはいくつかポイントがあります。

妊娠中に大きくなった子宮とともに腹壁が伸びきっていますので

お腹のたるみをとることを目標にダイエットをします。

point 1

産後ダイエットの基本は、運動と食事ですが、無理な運動はしないこと。

軽い筋力トレーニングと骨盤を矯正する体操を行います。

産後すぐに無理な運動をすると骨盤が元に戻らなくなる

恐れがあるので避けてくださいね。

point 2

食事も、摂取カロリーをカットするダイエットはやめましょう。

よい母乳を出すためにも十分な栄養をとることが必要です。

つまり、産後ダイエットというのは、

高カロリー食品を低カロリーのヘルシーなものに

変えることと、妊娠中に下がった

基礎代謝を上げるための軽い運動をすることが重要です。

何故ダイエットに筋トレが必要なのか?基礎代謝を上げる方法

筋肉は体の中でも大量にエネルギーを消費する器官です。

また、普段運動をしなくても人間は基礎代謝をして

痩せやすい体とはこの基礎代の高い体を目指すことであり

基礎代謝とは体温を保ったり、呼吸をしたりするなど就寝中でも

消費されるエネルギー代謝のことです。

自分の意思とは関係なく普通に生活しているだけで、

勝手に消費されていくエネルギー量を指します。

筋肉を増やすことでこの基礎代謝は比例して上がるので

筋肉を増やすこともダイエットには大切なのです。

基礎代謝を上げると1日の消費エネルギー量を増やすことができ、

普通に生活していても、より多くのエネルギーを消費させることができるので

効果的に体脂肪を燃焼させることができます。

たくさん食べても痩せている人は筋肉量が多いので、

脂肪燃焼効率が高いので太らないと考えられるのです。

つまり基礎代謝は、筋肉量を増やすことで高くなっていくので、

運動などで筋肉を使い筋肉量を増やすことで、代謝量がアップしていくのです。

基礎代謝を上げるためには筋肉を鍛えることが必要となるのです。

excercise about_to_nutr