授乳するお母さん

乳腺炎とは

乳腺炎には種類が様々あり多いのは、うっ滞性乳腺炎と急性化膿性乳腺炎です。

うっ滞性乳腺炎

初めて授乳すると起こりやすいので、乳汁の通りが悪く乳房内にうっ滞して起こります。

産後2~3日すると乳汁が分泌されるようになりますが、まだ乳管が十分に開いていないために、乳汁が乳管に詰まって乳腺組織を圧迫するために起こるものです。

症状

乳房全体が腫れてしこりができ、発熱せることがあります。

治療

うっ滞性乳腺炎は、乳房全体を温めてマッサージをして乳汁を絞り出す搾乳をします。

マッサージは助産婦さんいしてもらいますが、自分でもやり方を覚えましょう。

また、赤ちゃんの吸う力もだんだん強くなるので痛くても我慢して吸わせることが大切です。

授乳後は乳汁をしぼり出して乳房の中に乳汁を残さないようにします。

これをがんばって続けることで軽快するとされますが、症状がひどい時は消炎酵素剤が使われることがあります。

急性化膿性乳腺炎

乳房の中に細菌が入り込んで感染を起こすものです。

授乳中は乳頭に小さなひび割れができやすく、多くはここから感染します。

黄色ブドウ球菌によるものが多く、次いで連鎖球菌、まれに大腸菌、肺炎菌、淋菌などによることもあります。

うっ滞性乳腺炎と急性化膿性乳腺炎をまとめて急性乳腺炎、で両方とも産褥期に起こりやすいことから、産褥期乳腺炎または授乳期乳腺炎とも呼ばれています。

症状

乳房全体か一部が赤く腫れたり痛みが起こり、しこりを感じることもあります。

発熱を伴うのが普通で時には高熱を発し、わきの下のリンパ節が腫れる事も有ります。

治療

急性乳腺炎は、乳房と乳頭を清潔にして乳汁がうっ滞しないようにマッサージを行う事が大切です。

慢性乳腺炎

これに対して産褥期でもなくても起こる乳腺炎を慢性乳腺炎と呼びます。

急性乳腺炎が慢性化したものと、乳輪下慢性乳腺炎、形質細胞性乳腺炎があります。

乳輪下慢性乳腺炎は30~30歳代の未婚女性に多くみられ、ブドウ球菌が原因となる場合が多いとされます。

形質細胞性乳腺炎は40歳以下の女性に多くみられますが発症率は高く無いとされます。

症状

急性化膿性乳腺炎に比べて症状は軽いのですが、炎症は月経周期と関連があるとみられています。

原因はブドウ球菌によるものが多いとされ、形質細胞性乳腺炎も、しこり、痛みがありますが、経過が長引きます。

切開・排膿処置

急性化膿性乳腺炎も初期の段階なら搾乳で軽快しますが、進行して化膿した場合は、冷湿布、消炎剤、抗生物質の服用が必要です。

膿がたまって乳房内に膿瘍ができてしまった場合は、切開して排膿する処置が必要となり、治療中は授乳は止めるのが普通です。

急性乳腺炎が慢性化した場合は、気長に治療を続けますが、乳輪下慢性乳腺炎は、乳輪下の膿瘍の切開または摘出をします。