笑顔の看護師

乳腺症とは

乳腺症とは、乳房にしこりができ、鈍い痛みがあるので乳がんと間違えられる病気で、30代~40代の女性に多く月経前にあらわれます。

しこりは良性で乳がんに移行する可能性は低い一方で乳がんとの判別は専門医でないと難しいため早期診断が大切です。

原因は明らかになってはいませんが、卵巣を主とする内分泌機能のバランスの乱れが関係しているとみられます。

乳腺症は、月経不順の人、排卵の無い人、授乳経験がない、あるいは授乳期間が短かった人などに起こりやすいとされています。

症状

乳がんではしこりが1個の事が多いのですが乳腺症の場合は境界のはっきりしないしこりが大小数多くあり両方の乳房に発生するのが特徴です。

月経前に症状が強まり月経が始まると軽くなるのも乳がんと異なる点です。

時には乳頭から異常分泌液がでることもあり乳がんにも同じ症状があります。

治療

しこりは良性なので特に治療が必要なケースは少ないとされますが、痛みが強い場合はホルモン剤の投与や注射がなされます。

しこりが良性かどうかの診断を早期に受けることが必要で、専門家の診断が必要となります。

診断には、触診とエックス線検査、超音波検査などによりますが、それでも難しい場合はしこりを切除して組織を検査し診断をします。

ほとんどの場合は自然治癒しますが、定期健診で経過をみると良いでしょう。

乳腺線維腫瘍とは

乳腺にできるしこりで良性の腫瘍で、15~30歳代の若い女性に多いとされます。

乳腺と乳房の中の線維成分が増殖してしこりを作りだすと考えられています。

症状

乳房にさわると球状や卵型で表面が平らなしこりが感じられ動かすことができます。

周囲との境界ははっきりしていて弾力性もあり、形状はピンポン玉くらいの丸い形のものが多く、でこぼことしたものもあるとされます。

通常は1度に2つ以上できることは無いとされますが、複数個できたり両側の乳房にできたりすることもあるとされます。

しこりの大きさは一般的には2cm以下ですが急速に大きくなる巨大線維腺腫と呼ばれるものもあり、これは若い人に多いとされます。

痛みや乳頭からの分泌物はありませんが、乳がんのしこりも一般的には痛みが無いので放置するのは良くありません。

治療

しこりを感じたら専門医に相談することが良く、診断は触診、マンモグラフィー、超音波検査が行われるとされます。

検査で良性と診断されしこりが小さいまま大きくならないようであれば特に治療の必要はありません。

年に1回程度は定期健診を受けると良いでしょう。

しこりが大きくなったり、乳がんが否定できないような場合は摘出手術が行われます。

手術は局部麻酔でできるもので、入院の必要はなく、乳房が変形するようなものではありません。