医療手袋

卵管、卵巣が細菌の炎症を起こした状態を卵管の場合は卵管炎、卵巣の場合は卵巣炎と言います。

膣から入り込んだ細菌が子宮頚管、卵管へとのぼって卵管まで到達して炎症を起こし炎症が卵巣まで広がるものと考えられています。

卵管が炎症を起こすと卵巣まで影響を及ぼし卵管と卵巣の両方に炎症が多く起こるとされます。

卵巣は炎症に強い性質があり卵巣炎単独では稀であるとされます。

炎症が骨盤内の腹膜まで広がった場合は骨盤腹膜炎と言います。

卵管炎にかかった場合は骨盤まで炎症が広がる前に治す必要があります。

炎症の広がりは、外陰、膣から子宮や卵巣へ向かう上行感染の他、虫垂炎や腎炎などから下行感染することもあるとされます。

原因菌は他の内性器の炎症と同様に連鎖球菌ブドウ球菌クラミジア淋菌、肺炎菌、大腸菌、結核菌などによって炎症が起こると考えられています。

症状

おりものが増え、発熱や下腹部痛を伴います。

急性期には高熱と下腹部痛、嘔吐があるとされ、不正出血が伴うこともあるようです。

クラミジアが原因の場合は、腹痛は激しくなくおりものも変化しないが、淋菌が原因の場合は激しい腹痛とおりものの異常があるとされます。

急性のものは、慢性炎症に移行しないように早めの治療が必要となります。

慢性化すると卵管が周囲の臓器や組織と癒着を起こします。

癒着を起こすと精子や卵子の通過障害が起き不妊の原因となります。

検査のページ

治療

子宮頚管からの分泌物を採取して検査が行われます。

検査で原因菌が特定されたらそれにあわせた抗生物質が処方されるとされます。

膿が溜まってしまったり、卵管留水腫や卵管留膿腫になった場合は外科手術がなされることもあるとされます。

骨盤腹膜炎まで進行すると治っても癒着が生じて、下腹部の不快感、鈍痛、腰痛、性交渉時の不快感、不妊などの症状がある場合があるとされます。