看護師 正面

性器の炎症は互いに関連して起こることが多いとされます。

陰や膣から子宮頚管、子宮内膜へと下から上に感染する上行感染が多いとされます。

放置すると卵管から骨盤腹膜まで炎症が広がる可能性があるとされます。

子宮頸管炎の段階では治療も比較的容易とされますが炎症が上へと広がると難しくなるとされます。

炎症が起きた場所によっては光熱や激痛になることもあるとされます。

炎症が重くなると不妊症の原因になることもあるとされます。

症状

子宮頸管炎

何らかの原因により子宮頸管が細菌感染し炎症になったものとされます。

原因は膣炎からの感染で菌が子宮頸管まで広がり炎症を起こすとされます。

子宮部びらんがあると感染しやすくなるとされます。

原因菌として、ブドウ球菌、大腸菌、クラミジア、淋菌、結核菌などが知られています。

検査のページ

また、避妊リングの挿入時や中絶手術分娩などで傷がつき炎症を起こす場合もあるとされます。

症状は下腹部や腰が痛み黄色い悪臭のあるおりものが増えるとされます。

子宮頸管が赤く腫れてただれるため出血がしやすくなるとされます。

子宮頸管炎自体の症状は比較的軽いが進行すると炎症が子宮全体や卵管、骨盤腹膜にまでおよび発熱や激しい下腹部痛を起こすとされます。

子宮内膜炎

子宮内膜が細菌感染し炎症が起きた状態を指します。

膣炎からの感染、流産や中絶手術、分娩、などによる細菌感染が考えられます。

それ以外では、子宮頸管炎が上行感染により波及する場合もあるとされます。

子宮内膜炎になると子宮内膜が傷つき、下腹部の不快感や鈍痛、腰痛、不正出血が出ることもあるとされます。

月経の周期が乱れることもあるとされます。

おりものが増加して血の混じったおりものが出ることもあるとされます。

重症の場合は激しい下腹部痛を起こし発熱するとされます。

治療

子宮頸管炎

治療には原因菌に合わせた抗生物質や抗菌剤を使うことが多いとされます。

また、消炎剤を使ったり膣内の洗浄や消毒をするとされます。

慢性化をしないようにしっかりと治療することが大切であるとされます。

長引くと妊娠に影響が出ることもあるとされます。

子宮内膜炎

子宮内膜が悪化すると卵管や骨盤腹膜まで炎症が広がることもあるとされます。

安静が求まられ原因菌にあわせた抗生物質が処方されることが通常のようです。