読書する女性

子宮筋腫は子宮にできる良性腫瘍の一種です。

子宮の筋肉の細胞が異常に増殖してこぶのような筋肉にかたまりが変化したものです。

子宮筋腫ができる原因は詳しく解明されていませんが女性ホルモンが筋腫の発生に関係していると考えられています。

女性ホルモンの中では卵胞ホルモンが関係しているとされます。

子宮筋腫の発症は、女性ホルモンが活発な30~40歳代に多く成人女性の5人に1人は筋腫を持っているとされます。

成熟期以前の10歳代の女性やホルモンの分泌が衰えてくる更年期以降の女性にはあまり発生しません。

筋腫は閉経以降には自然に小さくなりますが大きくなったものは正常の大きさには戻らないとされます。

子宮筋腫は、できる場所により子宮の内側に向かって成長する粘膜下筋腫、子宮の外側に向かって成長する漿膜下筋腫子宮の筋腫内で成長する筋層内筋腫に分類されます。

粘膜下筋腫、漿膜下筋腫は、茎を持った有茎筋腫もできるとされます。

有形粘膜下筋腫は、子宮から押し出されることがありこれを筋腫分娩と言います。

いずれの筋腫も筋腫核という部分を中心に成長を続けます。

筋腫の大きさや数は、個人差により様々で、子宮筋腫は良性腫瘍でありガンとは性質が違います。

癌の種類についての解説

筋腫が急激に増大する場合は悪性化した子宮肉腫の可能性もあります。

症状

子宮筋腫は小さい時は症状がありませんが進行すると様々な症状があらわれます。

腹部膨満

子宮筋腫が大きくなり、子宮全体が膨らむと腹部が大きく突き出てきます。

また、お腹をさわると筋腫のこぶができていることがわかる場合があります。

過多月経と不正出血

筋腫ができると子宮内膜の容積が大きくなり、はがれる内幕の量が多くなるために月経量が増えます。

子宮が硬くなっているために収縮しにくく出血が止まらず月経器官が長引く傾向にあり月経以外の時も出血する場合があるとされます。

月経量が多くなった、血の塊が出る、月経の期間が長くなるなどの過多月経の症状や不正出血がある場合は子宮筋腫の可能性があります。

動悸や目眩

月経量の増加により貧血になる場合があります。

顔色が悪い、疲れやい、動悸、息切れ、目眩など貧血の症状が月経に伴い出る場合は子宮筋腫による貧血の可能性があります。

月経痛

筋腫が大きくなると月経痛が強くなり、眠気や下痢を伴い月経困難症を引き起こし、月経痛が強くなった時は要注意です。

頻尿、便秘、腰痛

筋腫が大きくなると、周囲の臓器や神経を圧迫して障害が起こります。

膀胱が圧迫されると排尿障害が出て、直腸が圧迫されると排便障害が出ます。

骨盤内の神経や血管が圧迫され下腹部痛や腰痛を起こす場合もあります。

静脈が圧迫されると足がむくんだり、静脈瘤が出ることもあります。

急激な下腹部痛

有形筋腫では、茎がねじれて、吐き気や激しい下腹部痛を起こします。

過多月経や貧血、月経困難症は、粘膜下に筋腫がある場合に多く見られるとされます。

漿膜下筋腫は大きくなり、圧迫障害が起こりやすくなるとされます。

子宮筋腫があっても、自覚症状が現れるのは筋腫がある人の3割程度とされます。

治療

経過観察

子宮筋腫は良性の腫瘍なので、必ず治療や手術が必要なわけではありません。

筋腫が小さく、日常生活に支障が無い場合は特に治療も手術も必要無いとされます。

月経痛には鎮痛剤、貧血には造血剤などを使用して症状をやわらげます。

筋腫は稀に悪性腫瘍の肉腫に変化することがあるとされ経過に注意をする必要があります。

閉経が近く症状があまり無いようなら治療しない場合もあるとされます。

筋腫や子宮の摘出

子宮筋腫は更年期以降でない限りは小さくなることは無いとされます。

ホルモン剤で月経を一過性に止めるため閉経療法によって小さくすることも出来ますが中止すると急激に増大する事もあるとされます。

根本的な治療は摘出手術が必要になります。

筋腫が拳大より大きくなったり、過多月経、月経痛、貧血などの症状が強い場合、不妊や流産の原因と考えられる場合は手術が必要になります。

ホルモン療法

子宮筋腫の成長には卵胞ホルモンが関係しているため薬を使用して一時的に月経を停止させ卵胞ホルモンの分泌を抑えることが可能となります。

卵胞ホルモンの分泌を抑えることで筋腫の成長を止めたり、小さくすることが可能であるとされます。