落ち込む女性

バルトリン腺は、膣口近くの左右両側の粘液腺で性行為の時に乳白色の粘液を分泌します。

バルトリン腺炎は、大腸菌やブドウ球菌などの一般細菌や時には淋菌がバルトリン腺に入り込んで炎症を起こすと考えられています。

細菌の種類に関する解説

化膿してバルトリン腺膿瘍に進行しやすいとされバルトリン腺炎を繰り返すとバルトリン腺嚢腫を起こすとされます。

症状

バルトリン腺が腫れ上がり痛くなるとされ、バルトリン腺膿瘍に進むと化膿して腫れて痛みを感じるとされます。

バルトリン腺炎が慢性化するとバルトリン腺嚢腫になるとされます。

バルトリン腺の開口部が詰まり、中の分泌液が排出されずにたまりしこりになります。

嚢腫は通常、親指の頭くらいの大きさから卵大ですが時には更に大きくなることがあるとされます。

膿瘍になると、発赤、腫脹、痛み、発熱、歩行困難が起こります。

治療と予防

バルトリン腺炎やバルトリン腺膿瘍の治療にはおりものの検査で原因菌をつきとめて、対応する抗生物質で治療がなされます。

また、炎症を抑える軟膏や消炎鎮痛薬を用いることもあるとされます。

膿瘍は、切開して膿を出すことが必要で切開して嚢腫の摘出がなされるのが普通で、予防には清潔が大切とされます。

外陰炎

外陰がかぶれて細菌に感染して炎症を起こした状態を外陰炎と言います。

膣炎が外陰部に広がり外陰炎を起こす場合もあるとされます。

外陰部が赤くただれて熱を持ち、痛みや痒みを感じるようになります。

治療は原因菌をつきとめて抗菌薬が用いられます。

あわせて炎症を抑える軟膏を塗ったり消炎鎮痛薬を用いることがあるとされます。

治療で効果を上げるためには外陰部を清潔に保ち乾燥させることが大切とされています。

予防のためには、排尿後や排便後は前から拭くことが大切とされます。