膣炎について説明する女性

膣の中にはデールラリン桿菌という菌が常在していて膣内を酸性にして病原菌の侵入を防いでいます。

何らかの原因により自浄作用が弱まったり細菌が膣内に侵入したりすると膣が炎症を起こすことがあります。

この炎症を膣炎と言い、カンジダ膣炎、トリコモナス膣炎の他に非特異性、萎縮性、淋菌性の場合などがあるとされます。

性病の種類と症状の解説

非特異性膣炎

細菌による場合と異物による場合があるとされます。

病気や過労などで体調が悪かったりホルモンバランスが崩れたりすると膣の自浄作用が低下するとされています。

その時、大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌などの細菌が増殖し膣炎が起こるとされます。

多いのは下痢や性交渉による感染とされています。

ホルモン分泌が低下する閉経後の女性も感染しやすくなるとされます。

おりものの量が増え嫌な臭いがすることもあるとされます。

おりものの色は感染した細菌により黄色、茶褐色、緑色などになります。

かゆみはありませんが、外陰部が赤く腫れたりただれたりします。

治療

細菌による場合は膣内を洗浄して原因菌にあった抗生物質の内服薬や膣座薬が処方され1~2週間で治るとされます。

出し忘れの避妊具やタンポンなどの異物が原因の場合は異物が腐敗したり膣壁を傷つけて膿のようなおりものが増えるとされます。

この場合は異物を取り出して洗浄して抗生物質の膣座薬や内服薬が処方されます。

萎縮性膣炎

更年期以降では卵巣の働きが衰えて卵胞ホルモンが減少して膣の粘膜も萎縮して分泌物が減少します。

このため、膣の自浄作用が低下して膣炎が起こりやすくなります。

また、膣の潤いが減り伸縮性も低下するため傷つきやすくなり出血や炎症を起こしやすくなるとされます。

かゆみはありませんが、黄白色のおりものが増えるとされ、時々血液が混じることもあるとされます。

うるおいが無くなり伸縮性も低下するため性交渉時に痛みを感じたり少しの刺激で出血することもあります。

治療

卵胞ホルモンの注射や内服薬、軟膏、膣座薬などで治療されます。

淋菌性膣炎

淋菌が感染して膣炎が起こります。

10歳代では膣の抵抗力が弱く、膣内も酸性になっていないため風呂場などで感染することもあります。

成熟した女性では淋病をもって男性との性交渉で感染するのが大部分です。

黄緑色の膿状のおりものが大量に出るようになり外陰部がただれます。

同時に尿道炎や膀胱炎を起こして排尿痛や残尿感が出るとされます。

発熱して子宮から卵管、腹腔へ感染すると下腹部痛もひどくなります。

ここまで感染が進むと卵管が炎症により塞がる可能性があり不妊症の原因となる場合もあるとされます。

治療

早期に治療すれば不妊症などの後遺症のリスクが減らせ、ペニシリン系の抗生物質が有効とされます。

膣炎の予防

下着や外陰部を清潔に保つことが大切であるとされ、ガードルやストッキングは膣炎の原因になる場合があります。

通気性が悪いために外陰部や膣内が蒸れて、かぶれを起こしたり原因菌が増殖したりします。

膣炎の予防には通気性の良い綿の下着が最適とされます。

検査のページ