むくみが気になる女性

  • 朝、鏡を見ると顔がむくんでいる
  • 足がむくんで靴がきつくなる

女性には、特にこのような悩みを持たれている方が多いのではないでしょうか?

顔や足のむくみなど「むくみ」は、体に余分な水分が溜まったことで起こる症状です。

私たち人間の約70%は水分で満たされており、一部は血液となり細胞に栄養や酸素を供給したり老廃物を排出したりする役割を持ち、一部は細胞内に蓄えられ生命維持をするために使われ、一部は体温調節に使われたりします。

むくみの原因

体のむくみの原因は、体に余分な水分が溜まってしまった時に生じます。

そして、血流の滞留もむくみの原因となります。

血流が滞ると血流によりエネルギーを得ている体内の細胞の活力が低下して、むくむだけではなく、体がだるくなったり、重くなったと感じてしまいます。

足の筋肉は心臓に血液を送るポンプのような働きをしていますが、女性は足の筋肉が男性より少ないため、もともと血流を送り出す力が弱いのでむくみやすくなります。

特に、ふくらはぎは血流がたまりやすく、むくみやすい部位です。

このように元々筋力無い女性が立ち仕事やデスクワークなど同じ姿勢を強いられる仕事をしているとむくみやすいのはこれが原因です。

また、女性の体はホルモンバランスにより変化し易く、生理になると女性ホルモンの分泌が低下して基礎体温も低下することから血流が滞りむくみやすくなります。

生理が終わっても水分や栄養を取り込みやすくなるのでむくみやすくなります。

ただ、このような血液の停滞は女性にだけ起こる現象ではなく、男性にも起こりますが男性の場合は自覚するような症状が出ないだけです。

それが女性の場合は、男性よりも自分の外見に注意しているため、顔、手足がむくむとすぐに気づき対策ができるという利点も有ります。

このようにむくみに気づいたら血流に停滞がある証拠ですので、スムーズな血流に戻す対策をする必要があります。

血流が悪くなる原因

血流が悪くなる原因は、不規則な食習慣やストレス、腸内環境の悪化、運動不足、睡眠不足などがあります。

ダイエットの為の極端な食事制限、過食、深夜の間食など心当たりはありませんでしょうか?

また、仕事が忙しくて運動不足や睡眠不足などになっていませんでしょうか?

お腹の善玉菌が不足して、便秘、下痢、おならが臭い、口臭、体臭など腸内環境が悪化しているサインは出てませんか?

これらのストレスや生活習慣の乱れは、自律神経を乱れさせます。

自律神経とは、活動時に働く交感神経とリラックス時に働く副交感神経があり、それぞれの場面で役割があります。

交感神経は血管を収縮させて体を緊張状態にするので、交感神経だけが過剰に使われると血流は溜まり体がむくみます。

このように血流が溜まっていると、むくみ以外にも頭痛、肩こり、冷え症、生理不順なども現れます。

むくみの対策と解消法

むくみの原因となっている血流の滞留の原因となっているのは腸の活力の低下が原因です。

腸の活力を取り戻すには、善玉菌の摂取と善玉菌を増やす栄養素の摂取が有効です。

善玉菌とされる乳酸菌やビフィズス菌は腸内で、乳酸や酢酸、酪酸などの有機酸を産生します。

これら腸内で生成された有機酸は腸内で吸収されると、腸の活力を活性化して腸が再び元気に動き出します。

また、腸ではセロトニンと言う人に幸福感を与えるホルモンが作れれており、このホルモンはストレスを解消し人を前向きにします。

ですので、むくみの原因となるストレスや腸内環境の改善ができるのでおすすめの栄養素です。

ただし、善玉菌が生きて腸まで届かないとこれらの効果が望めないので、胃酸や熱に強い善玉菌を選ばなければなりません。

参考:サプリバナー