目まいに耐える女性

回転性の目眩では脳腫瘍やメニエール病の可能性もある

自分で回転して急に止まると目がまわり立っていられません。

回転性の目眩ではこれと同じ症状が現れるとされています。

耳鳴り、難聴、吐き気、嘔吐、冷や汗を伴う場合はメニエール病が疑われます。

メニエール病は、聴覚や平衡感覚の機能が低下する病期で30~40歳代で発症することが多いとされています。

メニエール病以外にも内耳の病気の可能性もあるので耳鼻科等で診察を受けましょう。

症状がひどくなり、顔の筋肉の動きが悪くなってしびれる場合は脳腫瘍や動脈硬化症の循環器傷害が疑われますのでこの場合は内科を受診するようにしましょう。

また、首を曲げた時にめまいがおこるようならば頚椎の異常が考えられるので整形外科で検査を受ける必要があります。

過去に頭部に衝撃を受けたことがあり、目眩に頭痛がある場合は頭部や脳の病気の危険性があるので脳神経外科へ行きましょう。

脳への血流の変化が原因で目眩が起こる

平衡感覚が不安定な感じとか、地面から浮き上がった感じがするのは浮動性のめまいであるとされています。

平衡感覚に以上があって現れるものではなく心理的な意味合いが強いため、めまい感とも言われます。

こうした症状は、脳貧血の前段階や起立性低血圧などで起こりやすくめまいや立ちくらみとなって現れやすいとされています。

脳への血流に急な変化が生じたため目眩や立ち眩みが起こるのです。

しばらく横になり安静にしていると回復するとされています。

しかし、耳鳴り、息切れ、食欲不振、吐き気、だるさなどの症状が続く場合は、本能性低血圧症の可能性があるので内科で診察を受けることが必要です。

また、更年期になると浮動性の目眩を感じる女性が多くなります。

脳の動脈硬化が進んで血流が悪くなることも一因とされますが多くは自律神経の失調が原因のようです。

症状が軽い場合は治療の必要は無いとされますが、のぼせやほてりを伴う場合は内科で診察を受けることをおすすめします。