女性の背中

女性にとって大切なあそこ、女性器にいつもと違う症状があると心配になりますよね。

これらの症状は気にし過ぎで問題が無い場合もありますが、多くの場合は病気が原因の貴重なサインなのです。

女性器(あそこ・膣・外陰部)がかゆい

あそこ(女性器)が痒いときは、汗や排便後の処理をおろそかにして不潔にしていてかぶれてしまっただけという可能性もありますが、これらの一時的なかゆみは、清潔にすれば治ります。

この場合は、下着や生理用品による皮膚のかぶれが原因で、外陰部にかゆみがあるのに、オリモノや膣内は正常であることが多いとされます。

一方で、細菌感染が原因の皮膚炎やカンジダ等の場合、オリモノにも異常があることが多く、膣の病気が原因でそれが外陰部にまで広がったと考えられます。

外陰部にまで痒みが広がる病気は、淋菌感染症、カンジダ症などの細菌感染のこともありますが、トリコモナスという虫が原因で起こる場合もあり、性病の検査をすればすぐにわかります。

性器の周辺でも、陰毛の周囲がかゆい時は下着や生理用品によって皮膚がかぶれただけの可能性もありますが、毛ジラミといった寄生虫が原因であることも多いので注意しましょう。

考えられる病気の種類

淋菌感染症 カンジダ症 トリコモナス症 毛ジラミ

女性器(あそこ・膣・外陰部)が痛む

膣や外陰部が痛む場合、感染症が原因である場合と、下着や生理用品がこすれた、石鹸、クリーム等の刺激で皮膚に炎症や湿疹ができて痛みがあることが考えられま。

皮膚ではなく、小陰唇、大陰唇の内面に痛みを感じる場合は、大陰唇や小陰唇に小さい傷ができそこから細菌が侵入して炎症を起こしている可能性があります。

外陰部に小さい水疱や潰瘍がたくさんできて痛むときは性器ヘルペス等の可能性があります。

膣や外陰部の痛みに加えて、おりものの異常がある場合は、性病の可能性がありトリコモナス、淋病の可能性があります。

カンジダの症状は、かゆみですが炎症がすすむと痛みに変わるので注意が必要です。

考えられる病気の種類

淋菌感染症 クラミジア感染症 トリコモナス症 性器ヘルペス

女性器(あそこ・膣・外陰部)がただれた腫れた

細菌が原因で炎症を起こしている可能性があり、かきすぎてはれてしまったり、かゆみや痛みを伴う症状もあり、外陰部が赤くただれて、ヒリヒリした痛みやかゆみが起こります。

また、、外陰部の皮膚が変色したり、かゆみが止まらなくなったりします。

外陰部や腟には、細菌に対する抵抗力がありますが、下着やトイレットペーパー、生理用ナプキンなどのこすれが原因であったり、性行為により傷が付き、その傷から細菌が侵入して炎症を起こしますが、トリコモナス症やカンジダ症などの性感染症も同様の症状が出るので注意が必要です。

考えられる病気の種類

トリコモナス症 カンジダ症

女性器(あそこ・膣・外陰部)や肛門に痛みのないしこりが出来た

女性器のしこりには良性のものから悪性のものまであるので放置しないことが大切です。

良性の腫瘍としては、稀な疾患ですが外陰脂肪腫、外陰繊維腫、外陰筋腫などがあります。

悪性の腫瘍としては、外陰がん、外陰絨毛がん、などがあります。

また、外陰部のしこりは、腫瘍性のものと性感染症によるものに別けられます。

腫瘍性のものでは、外陰部の炎症性腫瘤であるバルトリン腺嚢腫があります。

性感染症が原因のものとしては、ウィルスにより感染し増殖すると花キャベツのように大きくなる尖圭コンジローマと、トレポネーマ・パリズムという病原体が原因の梅毒によるものが多いとされます。

考えられる病気の種類

梅毒 尖形コンジローム 外陰がん

女性器(あそこ・膣・外陰部)や肛門周辺にピンク色で先のとがったイボが出来た

外陰部は、粘膜、分泌腺などが多く、性行為や排泄などにより粘膜の接触が多いためウイルスや細菌が性行為などで感染しやすくできものができやすいとされます。

水疱やイボなどの中にはすぐ治るものから、病原体に感染し性感染症が原因でできるイボもあります。

多いのはウィルスが原因で発症する性器ヘルペスと尖圭コンジローマです。

性器ヘルペスは、ヘルペスウィルスが原因で、性行為により感染する性感染症で、症状は外陰部に水泡や潰瘍ができます。

尖圭コンジローマは、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスによる感染症で、大・小陰唇や腟前庭、会陰、尿道口、肛門のまわりや肛門内、腟などにイボが発生する病気です。

考えられる病気の種類

尖圭コンジローマ 性器ヘルペス

女性器(あそこ・膣・外陰部)の病気の予防

外陰部は尿道口や肛門に近いため、細菌に感染しやすい部分なので外陰部を清潔に保つことが大切でです。

普段からの心がけで防げるトラブルが多く、毎日お風呂に入り、石けんをつけてきちんと洗い、清潔な下着を身につけ、汗をかいた後の清潔にしたり、月経中の処理を清潔することが大切です。

性感染症などが原因となることも多いので予防の為にはコンドームは必ず使用しましょう。

異常を感じた時の対策

上記の通り、性器に起こる異常の殆どは炎症が原因であることがわかったかと思います。

炎症の原因は、細菌、ウィルス、原虫などの微生物の侵入に対する体の免疫反応であることが殆どです。

エイズや肝炎などを除いた性感染症は致命的では無いイメージがありますが、性感染症を放置すると感染が広がり卵管炎を起こし不妊症の原因となります。

多くの性感染症では女性は特に症状が出ないので、感染に気づかず症状を悪化させ将来にとって取り返しのつかない事態を招く可能性があるのです。

性感染症の一般的な症状は、他の軽微な病気や体調不良と似ているため検査をする以外病気の特定は不可能です。

もし、心当たりの行為や症状が1つでもあれば一度検査をされることをお勧めいたします。

女性器の痛み・かゆみ・ただれ・腫れなどの症状を感じる。

3年以内に性的接触があった。

プール、浴場、トイレなど共用の物を使用した。

自分のパートナーが性行為や類似行為をした可能性がある。


検査OFF

気分爽快

デリケートゾーンのケア方法