スケジュールを考える女性

妊娠初期 1ヶ月~4ヶ月

2ヶ月:生理が遅れて妊娠に気づく妊娠反応検査で妊娠判明つわりが始まる。

3ヶ月:胎児と呼ばれるようになる心臓の鼓動をドップラーで聞ける。

4ヶ月:つわりがおさまってくる胎盤が完成する。

妊娠初期の出産計画について

病院へ行く:生理が2週間ぐらい遅れた時点で病院で診察を受ける

つわりを乗り切る:時が来れば治まるのでなんとか乗り切る

周囲に妊娠報告:家族・友人・職場の人などに時期を見て相談

母子手帳をもらう:役所の手続きをする:マタニティ用品を揃える

母親学級をチェックする:参加は中期以降

妊娠中期 5ヶ月~7ヶ月

5ヶ月:おなかのふくらみがわかる。
胎動を感じる頭痛や耳鳴りを感じる。

赤ちゃんの髪の毛や爪が生え視覚や聴覚も芽生える。

6ヶ月:胎動がはっきりわかる。
赤ちゃんの骨格がはっきりとし尿も作れるようになる。

7ヶ月:おなかがせり出してくる。
赤ちゃんが体の向きを自分でコントロールする。

妊娠中期の出産計画について

食生活を見直し、内容に気をつける。

胎教:お母さんの心と体の安定が大事になる。

安産体操など適度な運動をする。

乳首の手入れ:産後の授乳に備え手入れをする。

ベビー用品の準備:旅行へ行くならこの時期

妊娠後期 8ヶ月~10ヶ月

8ヶ月:おなかが大きくなり胃や肺を圧迫する。
赤ちゃんは聴覚が完成する。

9ヶ月:大きくなった子宮が心臓を圧迫する。
寝苦しさなどを感じ始める。
赤ちゃんは皮下脂肪がつきはじめる。

10ヶ月:赤ちゃんが骨盤内に下る。
赤ちゃんの肺機能が完成する。

妊娠後期の出産計画について

大きなお腹を守る:かばいながらゆっくり動く注意が必要

入院の準備:お産が始まっても大丈夫なように入院は早めに。

赤ちゃんの部屋づくり

名付け:名前の候補を考え始める

受診の時期

生理の予定日が2週間過ぎたところが良いとされています。

また、市販の検査薬もありますが、正常妊娠や異常妊娠の診断も必要なのでなるべく病院へ行って診断を受けるようにしましょう。

受診の準備

妊娠は病気ではありませんので健康保険はききません。

初診時の検査などもあるので1~2万は用意したほうがよろしいでしょう。

健康保険証は、以上があった場合は適用されるので必ず携帯しましょう。

服装は下着を脱ぐことを想定して考えた服装にしましょう。

問診に備えて、最終月経がいつかなど覚えておきましょう。

病院の費用

健診の費用は病院によって異なります。

超音波検査は高いので回数によって大きく差がでます。

保険が効かないので毎回、数千円~1万円の出費が必要になります。

分娩費や入院費用は、30万円から100万円近くまで病院により様々です。

帝王切開や鉗子分娩になった時は保険がききます。

出産一時金

本人若しくは配偶者の出産に対しては加入の健康保険組合から出産一時金(30万円)が支払われます。

国民健康保険でもほぼ同額ですが、地方自治体によって多少差がでます。

初診時に受ける検査

初診時には、妊娠しているかどうかを調べます。

内容は、問診、尿検査、内心、超音波検査などです。

問診:

最終月経、妊娠歴、病歴などを聞き妊娠の判断をする他、妊娠だった場合その後の経過を観察する基本情報になります。

妊娠反応検査

妊娠するとhcgというホルモンが絨毛組織から出て尿に排出されるのでこの検査によって妊娠かどうか判定をします。

内診

医師が膣から指を入れて子宮のおおきさや硬さ、子宮口の状態を調べます。

子宮筋腫や卵巣嚢腫などの婦人科の病気に有無などもこれでチェックします。

膣鏡という器具で子宮口や粘膜の様子を見ることもあります。

超音波検査

超音波診断装置の端子をお腹の上から膣内に入れて行う検査です。

お腹の中の様子が画像に映し出され、正常妊娠では胎嚢と呼ばれる袋状のものが子宮内にあるのが確認します。

また、子宮外妊娠などの異常を発見することも可能です。