30代 妊婦

30代、40代の女性の人でも大部分の人は20代の人と同様に無事に妊娠・出産をしています。

しかし、一般的に女性は加齢とともに変化をしていくことを覚えておきましょう。

女性の卵巣は、数百万個もの原始卵胞が詰まっており、これが、数個ずつ成熟卵胞というものになり卵子を排出し、これを排卵と呼びます。

卵子の元の細胞は女性が生まれる前、胎児期から存在していてます。

若い女性の卵子は若いが、年齢を重ねると卵子も同様に年齢を重ねるのです。

特に35歳以降は原始卵胞および卵子も老化をすると言われています。

老化した原始卵胞は卵子を排出しにくくなるので妊娠をしづらくなる原因となります。

また、妊娠しても流産しやすくなったり胎児に染色体異常がでる可能性も高くなると言われています。

あくまで可能性が高くなるということで、流産や胎児の異常は20代の妊娠でも起こりうる可能性はあります。

一方で、精子には卵子のように加齢による影響はありません。

若い男性でも年齢を重ねた男性でも条件はほぼ同じであるとされ、体力の低下は加齢とともに進みます。

妊娠には、負担がかかるので、若い人でも疲れやすくなったり疲労の回復が遅れたりなど様々な現象が起こります。

40歳を超えると卵巣の機能が低下するため妊娠しづらくなるという自然の摂理もあります。

ですので、出産はなるべく早いほうが良いと言われているのです。

30代からの妊娠・出産は特別ではない

日本産婦人科学会による高齢出産の定義は、WHO(世界保健機構)の定義に従い、1992年に30歳以上から35歳以上に引き上げられました。

昔に比べ、栄養が良くなって女性の体力が向上したため、30代前半と20代では体力差はほとんどないことがわかったからです。

また、35歳以上の妊娠・出産も医療技術の進歩によって様々な以上をいち早く発見することが出来るようになったことが大きく貢献しています。

現在の状況では、30代からの妊娠・出産はけっして特別なことでも恐れるものでもありません。

むしろ、一般的にみて精神的に安定・成熟しているので妊娠・出産に対して余裕をもっていどめる等メリットもあります。

ただし、高齢になればなるほど流産や妊娠中毒症などのトラブルが起こる確率は増えます。

ですので、十分な注意をして回避する必要があり年齢を意識して無理をしないことが大切です。

健康な人であれば年齢にかかわらずスムーズに妊娠・出産をクリアーする確率は高くなりますが、何か病気(例えば高血圧や糖尿病などの成人病)を抱えた人であれば十分な注意と適切な治療が必要となります。

一般的には、30代前半、30代後半、40代では妊娠・出産に対する身体的条件が同じではないので傾向や対策について知っておくことも大切です。

30代前半では、ほぼ20代と同じ条件と考えてよいでしょう。

35歳未満は高年初産の定義に当てはまらないので特に年齢を意識する必要は無いと言えます。

30代後半では、体力の低下や子宮筋腫などの合併症を抱えた妊娠が多くなる傾向があります。

十分に気をつけて妊娠中を過ごす人が多いので、実際には体部分の人が安産となっています。

年齢を意識して慎重にすることが安産への一歩となります。

40代では、一般的には流産や以上の発症率は20代、30代に比べて上昇しますが、年齢から発揮される堅実な判断力が年齢的なハンディを乗り越える鍵となります。