保育園

産後も働く予定がある人は保育園について調べる必要があります。

育児休暇を取る予定の場合は出産後でも間に合いますが育児休暇をとらずに産休明けに職場復帰をしなければいけない場合は妊娠中から保育園を探しておくと良いでしょう。

居住地の役所に行けば、保育園の情報を入手できるのでまずは連絡をとってみましょう。

保育園には認可保育園無認可保育園があります。

認可保育園は施設や保母の人数などが一定の保育基準を満たしていると行政から認可された保育園で公立と私立の保育園があります。

いずれも保育料は一律では無くその世帯の所得によって決まります。

毎年1月ごろに募集をして4月から入園という市町村が多いようです。

定員の空きさえあれば年度途中でも入園できますが0歳児クラスはもともと募集人員が少なくて競争率が高いので年度途中の入園は難しくなるようです。

産休明けになかなか入りにくい認可保育園の受け皿として需要が高いのが無認可保育園です。

行政も全くノータッチというわけではなく助成金を出して経営を援助している場合もあります。

一般的に保育料は認可保育園より高くなるのが普通です。

この他には、ベビーシッターにお願いするなどの方法もあります。

保育園の見学をさせてくれるところであれば事前に見学をさせてもらうと良いでしょう。