妊娠後期

妊娠8ヶ月 大きいお腹をケアしましょう

・子宮底長:24~27cm

・赤ちゃんの大きさ: 身長:約40cm 体重:約1500g

体の変化

大きくなったお腹で胃や肺が圧迫され胸焼けや息切れを感じることもあります。

人により、妊娠線ができたり乳輪の色素沈着が進みます。

赤ちゃんの成長

皮下脂肪が少しつき、動きも力強くなります。

聴覚が完成して外の音に反応することもあります。

頭を下に姿勢で落ち着き始めます。

ポイント:無理をしない

妊娠生活も後期に入ります。

赤ちゃんの成長にともない母体への負担も大きくなります。

息切れ、動悸、腰痛などの症状が起こることもあります。

妊娠中毒症が起こりやすくなるので塩分の取り過ぎや、疲れなどにも気をつけましょう。

早産にならないように動きすぎにも注意しましょう。

妊娠9ヶ月 お腹の赤ちゃんも大きくなります。

・子宮底長:27~30cm

・赤ちゃんの大きさ: 身長:約45cm 体重:約2000g

体の変化

せり出した子宮に心臓が圧迫され、動悸や息切れを感じる。

下腹部やももの付け根が痛くなることもあります。

お腹の張りを感じるようになります。

赤ちゃんの成長

皮下脂肪がついて、体がふっくら丸くなります。

皮膚のシワはなくなり、色も肌色になるほか、爪や髪の毛が伸び赤ちゃんらしい体つきになります。

ポイント:出産に備える時期になります。

引き続き、早産や妊娠中毒には気をつけなければいけません。

過食や生活リズムの乱れに注意するようにしましょう。

妊娠体操や散歩などの適度な運動もするようにしましょう。

妊娠10ヶ月 出産間近です!

・子宮底長:30~33cm

・赤ちゃんの大きさ: 身長:約50cm 体重:約3000g

体の変化

出産が近づくと赤ちゃんが骨盤まで下がるので、胃や胸はすっきりしますが膀胱が圧迫されるために頻尿になります。

おりものが増え頻繁にお腹が張ります。

赤ちゃんの成長

出産が近づくと頭を下にした姿勢で骨盤まで降りてくるので

動きは少なくなります。

37週を過ぎると内臓の機能はほぼ全て揃い何時生まれても大丈夫となります。

ポイント:何時陣痛が来ても良いように心の準備を

臨月となり、37週を過ぎると赤ちゃんの体は何時生まれても良い状態になります。

陣痛が何時始まるかわからないので、遠出は避けるようにしましょう。

栄養と睡眠をしっかりとり、出産の日に備えましょう。