ナースステーション

子宮外妊娠とは

妊娠初期の超音波検査で発見可能

本来は子宮内幕に着床すべき受精卵がそれ以外の場所に着床してしまうことを子宮外妊娠と言います。

90%は卵管に着床するもので、妊娠7,8週ごろになり受精卵が発育して大きくなってくると卵管が耐え切れなくなってお腹の中で流産したり卵管破裂を起こします。

超音波検診が無かった頃は、急に激痛がおこり初めて子宮外妊娠がわかったことが多かったようです。

現在では妊娠初期の超音波検査によって早期発見が可能です。

発生率は全ての妊娠の中で約0.5%で年齢には関係ないとされています。

子宮外妊娠が発見されたら、卵管破裂や流産などを起こす前に腹腔鏡を使うか開腹手術をして病巣部を取り除きます。

卵管をとるかどうかは状況によって変わりもし取り除くことになっても片方の卵管は残るのでその後の妊娠は可能であるとされています。

また、メソトレキセートという薬を使い手術をしない時もあります。

胞状奇胎(ほうじょうきたい)とは

胎盤を作る元になる絨毛という組織が丸く膨れて子宮の中が一杯になる病気を胞状奇胎と言います。

この病気では、妊娠反応は陽性と出ますが赤ちゃんはいないか、早い時期に奇胎に吸収されてしまいます。

妊娠の0.2%と発生率は低いのですが40代からは多くなるとされています。

妊娠週数の割には子宮が大きかったり茶褐色のおりものや出血があるつわりが強いなどの症状があるのが特徴ですが妊娠初期の超音波検査や尿中のホルモン検査によって早期発見が可能であるとされています。

治療は、子宮内の奇胎を取り除く手術がなされます。

胞状奇胎は悪性ではありませんが残った奇胎が絨毛癌へ移行することがあるため完全に取り除くために1週間後にもう一度処置をするのが普通です。

1年間は定期的な検査を受け、絨毛癌の危険性が無いと判断されるまでは確実な避妊が必要とされています。