マッサージを受ける女性

以下の症状がある時は診察を受けましょう

出血がある時

ショーツに血がついていたら子宮からの出血の可能性があるので診察を受けるようにしましょう。

病院へ行くときは生理用ナプキンを充てて行くと良いでしょう。

痔や子宮膣部びらん、頚管ポリープ、膣炎などで出血や血性のおりものをであることもありますが、いずれにせよ医師の診断を受けるようにしてください。

妊娠初期の出血

切迫流産、流産、子宮外妊娠のときに、下腹部痛とともに出血があります。

また、胞状奇胎の時には少量の出血が起こるとされています。

妊娠中期、後期の出血

切迫早産、早産の時に出血することがあります。

常位胎盤早期剥離では激しい腹痛とともに出血が起こります。

前置胎盤の場合は痛みがなく出血するとされています。

予定日近くの出血

子宮口が開き始めると卵膜と子宮壁が少しずれるためおりものに少量の血液が混じったり月経時の少ない時の量ぐらいの出血がみられることがあります。

これは、おしるしと言われ1~2日の内に陣痛がやってくるというサインであると言われています。

大量の出血があった場合や出血が止まらない場合は病院で医師の診察を受ける必要があります。

お腹の痛み、お腹の張り

妊娠中期以降になると、歩いている時などにお腹が張り硬くなることがあります。

これは、身体を動かした刺激で子宮が収縮するためにおこるもので少し休めばすぐにおさまります。

休んでもおさまらないとか痛みをともなう張り次第に強くなる張りなどがある時は切迫早産や早産の疑いがあるので病院へ行くようにしましょう。

妊娠初期のお腹の張りや痛みは要注意で流産や子宮外妊娠の疑いがありますので出血を伴う場合は病院で医師の診察を受けるようにしましょう。

手足のむくみ

歩きすぎた時に少しむくんだり

夜になると少しむくむが翌朝には元に戻っているようならば生理的なものなので心配はないとされています。

軽いむくみであれば塩分を控えて、休養をとれば引いていくものですが休養をとってもむくみが引かないとかすねを押した後へこんだままになっているような、むくみの場合は妊娠中毒症の疑いもあるので病院へ行くようにしましょう。