運動する子供

子供の肥満の予防と対策

子供のダイエットの為に食生活を見直すことが大切

食事は規則正しく食べてますか?

  • 食事は30分位かけて良く噛んで食べる様にしましょう。

  • 食事の満足感を高めるために会話を楽しみながら食べましょう。

  • 食事前の空腹時のお菓子は控えましょう。

  • 食事以外のつまみ食いはやめましょう。

  • 寝る前に食べるのはやめましょう。

  • 朝ごはんはしっかり食べましょう。

食事の内容について。

  • 主食、汁物、主菜、副菜をバランスよく組み立てましょう。

  • 一人分づつ量を考えてもりつけましょう。

  • 同じものばかりでなく色々な食品をとりましょう。

  • 腸内活動が活発になる食品(乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維等)をとりましょう。

おやつについて。

  • 市販のお菓子は高脂肪で糖分が多いので栄養価の高いお菓子を選びましょう。

  • 食べる時間、量をきめて食べましょう。

  • 夕食から睡眠の間に食べるのはやめましょう。

外食する時の注意点

  • ハンバーガーやフライドポテトなどの高脂肪の食品は気をつけましょう。

  • 回数や食べる量などを気をつけましょう。

・子供のダイエットの為に日常生活を見直そう

幼児、小学生

  • 自分で朝起きられるようにしましょう。

  • 自分の事はなるべく自分でさせましょう。

  • 自分で使うものは自分で用意をさせましょう。

  • ゴミを拾う、本を片付けるなどは自分でさせましょう。

小学生

  • ふとんのあげおろし等ベットメイキングは自分でさせましょう。

  • 着る服は自分で選ばせて季節に合わせれるようにしましょう。

  • おもちゃは自分で片付けさせましょう。

  • 食後の後片付け等は自分でさせましょう。

遊ぶ

  • なるべく外で遊ばせ家の中でも運動をするようにしましょう。

  • 自転車よりも歩くようにさせましょう。

  • 時間がある時は家族ででかけ体を動かしましょう。

子供のダイエット方法

子供の肥満を解消するために出来る事

・食べ方を見直そう。

子供は大人が用意した者しか食べることができません。

肥満の子供の親の中には、「そんなに食べていないのにふとる」という親もおりますが多くの場合は肥満の子供は食べすぎであったり栄養のバランスが悪くて太るのです。

(運動不足やストレスも原因と考えられます。)

子供は1年間で体重が平均2kg~3kg増えます。

夏休みなどの短期間に5kg以上の体重増加があったり1年間で5kg以上の体重増加がある場合は生活全般と食べる量を考える必要があります。

肥満の子供に共通していることは、生活リズムが夜型であり、食事の始まる時間が定まっていないことです。

肥満を改善するには生活のリズムをととのえ三食きちんと食べることが必要で、これが習慣となれば1日の理想とする食事の量で自然と足りるようになります。

・子供の肥満と運動

子供にとっては遊びは生活そのものであり情操教育にも必要不可欠です。

特に幼児期には、より多くの遊びを経験することでその後の成長に大きな影響が出てきます。

子供は運動を通じて経験をつみ、又遊びながら年齢に応じた基礎体力をつけていきます。

水中では浮力が生じるため、肥満の子供も他の子供に負けない運動ができます。

又、重力に抵抗する負担も軽減される為関節などの支持期間の負担も軽減され肥満の子供の負担を減らします。

呼吸器、循環器に良い影響を与え持久力をつける効果も望めます。

・日常生活

体を動かすことの第一歩は「自分の事は自分でする」です。

幼児ならできるであろうこと、小学生でなら出来ることを考えてやらせててげるようにしましょう。

家庭環境や体力には個人差があり、絶対にこれが出来なければいけないというものはありません。

子供の成長に合わせて少しづつやらせてみてください。

そして、大切な事は出来たら必ず褒めてあげれば、子供は自発的に次のステップに進むはずです。

excercise about_to_nutr