食事する家族

子供の食欲

子供と大人の体は大きさが違いますので身長も体重も少ない子供は臓器の大きさも小さくできています。

胃袋の大きさも大人より小さく1回に食べられる食事の量も大人より少なくなります。

親の中には、子供の胃袋の許容量を超えた食事を用意し子供が残してしまうケースも多いようです。

子供の胃袋の許容量を超えた食事は肥満の原因にもなります。

また、子供は成長する過程で一時的に食べなくなる時期があります。

ある時までは食べなかった子供がいつの間にかに食べるようになったということはよくあります。

初めてのお子さんの場合は子供の成長を長期的にみることは大変難しいことですが視野を広げることも大切です。

基本的には、人間は体に必要な物は自然に欲するようにできています。

食欲が無い時は体が欲していないという事ですので自然の摂理に任せることも大切でしょう。

子供に必要な栄養

成長期にある子供に必要な栄養素にはカルシウムとバランスのとれた食事です。

カルシウムについての詳しい解説はコチラ

カルシウムは肉食中心の食事では不足しがちな栄養素です。

しらす干し、ほうれん草、牛乳などを子供に食べやすくすると良いでしょう。

また、柔らかい食べ物が増えたので、アゴの発達が悪くなっているとされます。

骨は動かすことにより更に成長するので、子供には歯ごたえのある物を食べさせましょう。

子供が控えた方が良い食べ物

人間は知らないうちに1日にポケットシュガー1袋分の添加物を摂取しているとされます。

スナック菓子などに多く含まれるリン酸塩がカルシウム不足の原因となります。

また、ジュース1本に含まれる砂糖は手のひら1杯分の量になり虫歯や肥満の原因となります。

2子供の免疫力