日光浴 親子

日射病になった場合

子供は日光の直射を受けたり、高温の場所に長時間いると日射病や熱射病にかかります。

子供が夏に熱を出す場合、このような状態が原因の夏季熱と呼ばれます。

原因

子供は大人に比べて体温の調節中枢が未熟であったり障害を受けやすいとされます。

汗が出て水分や塩分が失われ、脱水症状を起こしやすいことも原因です。

このような環境に子供を長時間晒さないことが大切です。

乳児の中でも特に電解質の多い高エネルギーのミルクを飲んでいる子供では高温、高湿の環境で汗をかかせると高張性脱水を起こし発熱したり熱射病になるので注意をしましょう。

症状

頭痛、めまい、脱力感、などの症状が出、また、興奮したり意識障害を起こしたり痙攣発作の症状を示し体温が急上昇するとされます。

応急手当

症状が軽い時は、涼しいところに寝かせ安静にして体温が高いようなら冷やすようにしましょう。

応急手当と同時に早めの医師の診察が大切です。

脳貧血を越した場合

脳貧血とは一時的に脳の血流量が減少した状態を指します。

外傷やショック状態の初期症状、強いストレスを受けた時などに起こります。

症状

顔色が悪くなり、顔面が蒼白になり、元気も無くなり気持ちが悪くなりうずくまることもあります。

大人ではショックを受けた時にみられます。

応急手当

単純な脳貧血では、足を高くして安静にしていれば開腹します。

一時的に気を失うこともあるとされます。

首や胸の周囲をゆるめ、衣服をゆるめて呼吸を楽にしてあげると良いでしょう。

2子供の免疫力