積み木と子供

喉に物が詰まった場合

食べ物や異物が喉につかえたり、食堂や気管の入り口に詰まった場合でも突然呼吸が出来なくなるので注意が必要です。

応急手当

口や喉にある異物は頭を下げさせて咳をさせると出ることがあります。

異物が気道の入り口を塞いで息が苦しい場合は指を入れて出せることもありますが、上手く出せず奥に入り込む可能性もあるのでむやみに指を入れるのは危険で医師にみせることが大切です。

魚の骨などが喉の粘膜に刺さり異物感や吐き気を感じる事もあります。

自然に取れない場合は耳鼻咽喉科などの専門医の診断を受けましょう。

気道に異物を吸い込んだ場合

食堂や胃腸管などの消化管より、気管や気管支などの気道に異物を吸い込んでしまうことの方が危険です。

咳と一緒に自然に出ることもありますが、多くは気管の中に入り込むと呼吸が細くなったり咳の発作などが起こり呼吸が苦しくなりひどい場合はチアノーゼを起こします。

異物が長い間、気管支の中にあると肺炎など重篤な炎症を引き起こす原因ともなります。

原因

幼児期の子供に多く、異物はナッツ類が多いとされます。

子供が豆類を口に含んでいる時に驚いたりする時に吸い込むようです。

2歳以下の幼児に豆を与える時は特に注意が必要です。

応急手当

子供の胸の下の方を横から押して咳をさせます。

気道に高い圧力がかかり、咳と一緒に吐き出されることがあり有効な方法とされます。

口や喉にある異物は子供を逆さまにして吐き出させることも出来ますが気道の中に入り呼吸が出来なくなる可能性があり危険です。

逆さまにすると気管の異物が喉頭につかえ塞いでしまうからです。

治療

気道に入った異物は、なるべく早く取り出すことが大切で医師の手当を受けることが大切です。

医師は気管支鏡を使い気管や気管支に入った異物を取り出します。

子供の場合は専門的な技術や道具がある専門医の方が確実で安全とされます。

異物を飲み込んでしまった場合

飲み込んだ物が食道の中にある場合は吐き気や不快感などの症状が起こります。

胃の中まで落ちた場合は症状が出ないこともあるとされます。

原因

幼児期の子供は好奇心などから何でも口に入れてしまいます。

口に入れたところを見つけて急に声をかけると驚いて飲み込んでしまうケースが多いとされます。

応急手当

食道の中にあり症状が出ている場合は家庭で取り除くことは難しいため医師の診察を受けましょう。

症状が無い場合は、胃の中に入っていることが考えられるため応急措置をする前に医師の診察を受けましょう。

電池を飲み込んだ場合

アルカリ電池を飲み込むと電池が胃酸により溶けて胃壁に穴を開けてしまうので至急病院へ行きましょう。

その他の異物

なるべく早く、医師の診察を受けて診察を受けましょう。

固形物以外の物を飲み込んだ場合

固形物以外の物で、液体、粉、溶け出す可能性のあるものは異物によって応急手当が変わるとされます。

いずれの場合も水を飲ませ医師に連絡をします。

飲んだ物を確認できる容器や吐いた内容物を医師に見せます。

応急手当

酸性、アルカリ性、薬品

酸やアルカリの強い薬品を飲んでしまったら水を飲ませて薬品を薄めますが吐かせない事が大切とされます。

飲んだ時に食道粘膜が侵されているので吐くとさらに火傷のような変化を起こす可能性があるとされます。

至急、医師に連絡して手当を受けるようにしましょう。

チューブを入れて胃の内容物を取り除く措置がとられます。

その他の有害物

殺虫剤、たばこ、化粧品、家庭用医薬品、体温計の水銀などが危険です。

子供の手の届かない場所に置くことが大切です。

たばこ、家庭用医薬品などを飲み込んだ場合は水を飲ませ水と一緒に吐かせることが大切であるとされます。

胃の吸収をできるだけ防ぎ、腸管内に入らないようにする胃洗浄方法で医師の診察を受けるまでの応急措置です。

胃洗浄とは医師が、胃にぬるま湯を入れて胃の内容物を除く方法です。

2子供の免疫力