診察を受ける子供

普段から食欲が無い

食慾が無く栄養摂取量が不足しているかを確認することが大切です。

期間を決めて食事や間食の記録をつけると良いでしょう。

他の子供と比べて食べない場合でも個人差による小食もあるので食欲不振との見極めが大切です。

母親が食べ物の過食を強制すると反抗して食べないこともあるので焦らないことが大切です。

兄弟への嫉妬などの犯行から食べないこともあり心因性食欲不振と呼ばれています。

食欲不振が慢性疾患の1つとして、症状が長く続くこともあるので食欲不振が長引いたり疲れやすいなど他の症状がある場合は医師の診察を受けると良いでしょう。

食慾が無く体重も減ってきた

このような状態は神経性食欲不振症の可能性があるとされます。

これに月経停止が加わると更に可能性は高まります。

女性として成熟する準備が出来ないまま思春期を迎えたり過剰なダイエットを始めた時などに起こるとされます。

食事と嘔吐を繰り返しながら次第に食事が出来なくなってしまいます。

精神や情緒に障害があるか単純な欲求不満でも容易に食欲不振が発生するとされます。

原因の追求が難しく時には他の疾患と間違われる事もあるようです。

うつ病など精神疾患も併発している可能性もあるので注意が必要です。

その他に、自立神経失調症、胃下垂、気管支喘息などによっても痩せることがあります。

また、糖尿病などでは体重のコントロールが難しく体重減少の原因となるとされます。

女児では甲状腺疾患の可能性もあるので注意が必要です。

体重の急激な減少がある場合は医師の診察を受けると良いでしょう。

2子供の免疫力