動脈硬化

閉塞性動脈硬化症とは、動脈硬化が原因で手足の動脈の血液循環が障害された病気を指します。

高血圧症、糖尿病、高脂血症などが動脈硬化の原因となります。

動脈硬化は全身で進行するため、虚血性心疾患、慢性腎不全脳血管障害などが合併しやすいとされます。

閉塞性動脈硬化症は、比較的太い動脈の動脈硬化が関係して高齢になるほど多くなるとされます。

これに似た病気として、バージャー病があります。

バージャー病とは細くなった血管が血栓で詰まりやすくなった病気で動脈硬化との関連は少なく20代~40代の喫煙者に多いとされます。

症状の観察

間欠性跛行が見られる時は、閉塞性動脈硬化症や腰部脊柱管狭窄症の可能性が有ります。

間欠性跛行とはしばらく歩くと足が痛み立ち止まり、また歩くということを繰り返す症状を指します。

足背動脈に触れて、足の指の色が黒くなっているかどうかを確かめます。

介護

生活上の注意では、タバコは止め、足を冷やさないようにします。

散歩などで下肢の血行が良くなるようにします。

巻き爪や水虫から壊疽を起こさないように注意し、足浴も有効であるとされます。

免疫力 バナー