元気な胃と元気の無い胃

急性胃炎

急性胃炎は、様々な原因で起きる胃粘膜の炎症で、日常的にも起こりやすい病気とされます。

暴飲暴食やコーヒーや緑茶などの嗜好品や唐辛子などの香辛料の摂りすぎ、風邪薬や鎮痛剤などの影響が原因となる場合もあります。

症状の程度によっては緊急に専門医の診断が必要な場合もありますので注意が必要です。

急性胃炎についての詳しい解説はコチラ

症状の観察

上腹部に激しい痛みが生じたり胃のむかつきや嘔吐、時には吐血することもあります。

下痢や下血がある場合もあります。

介護

食事では絶食して水分を補給します。

症状の軽快に合わせて消化の良い物から食べ始めます。

油物や刺激が強いものは避けなければなりません。

長引く時は医師に胃薬を処方してもらい、症状が強い場合は医師に相談しましょう。

慢性胃炎

慢性胃炎は胃粘膜に慢性的に炎症が起こる病気で胃粘膜にある胃液分泌線が萎縮した状態を指します。

そのため胃酸の分泌が低下し、胃全体の働きが悪くなります。

食事、薬、アルコール、アレルギー、その他の病気、原因はさまざまです。

最近ではヘリコバクター・ピロリという細菌が、慢性胃炎の発症や再発に深く関係していることが指摘されています。

ピロリ菌検査の紹介

高齢者の慢性胃炎はほとんどが萎縮性胃炎とされます。

慢性胃炎の詳しい解説はコチラ

症状の観察

胃のもたれ、不快感、胸やけ、吐き気、食欲不振、腹部膨満感などがあります。

症状がはっきりしない場合も多く、無症状の場合もあります。

精神的ストレスが症状に出る場合もあります。

介護

睡眠、休養、規則正しい生活を心がけお酒は控えましょう。

食事は規則的に摂るようにして刺激物は避けましょう。

食道炎

逆流性食道炎とは、胃液や胆汁が食道に逆流して起こる食道の炎症です。

胸やけ、喉の異常、慢性の咳など胃液の逆流により起こります。

高齢者は、横隔膜が緩むことで胃液の逆流が起こりやすいとされます。

食道炎に関する詳しい解説はコチラ

症状の観察

刺激物を摂取した時逆流があれば可能性が有ります。

高齢者では、肥満や便秘も胃食道逆流の原因となります。

介護

胃酸を刺激するような食事を避け、食後は上体を起こし逆流を防ぎます。

肺炎の合併もあるので注意が必要です。

高齢者は肥満や便秘の胃食道逆流の原因となるのでお通じのコントロールが大切です。

老人の便秘についての解説

また、肥満の上体であれば体重管理も気をつける必要があります。

免疫力 バナー