風邪をひいた高齢者

風邪

風邪とは鼻や口から入った病原微生物によって引き起こされる炎症を指します。

ほとんどがウィルスによる感染が原因とされます。

感染した部位によって鼻炎や咽頭炎と呼ばれます。

鼻や喉の炎症が声帯や気管支に及ぶと声がかれたり、咳、たんが出るようになります。

喉や気管支の粘膜が荒れるので、細菌感染が起きて気管支炎や肺炎に進行する場合がございます。

インフルエンザ

例年冬場に流行するウィルスでインフルエンザウィルスによって引き起こされるます。

高熱と全身の関節痛が主な症状で高齢者は重症化しやすいとされます。

合併症や持病の悪化が考えるため注意が必要です。

症状の観察

鼻水、くしゃみ、喉の痛み、熱、倦怠感、咳、食欲低下、腹痛、下痢などの症状の有無を確認します。

発熱があるか、体温を測定し、高熱、倦怠感、関節痛があるかも確認します。

上記の症状があればインフルエンザの可能性があります。

38度以上の熱が2日以上続く時や喉の痛みが強い時強い咳や声がけれるときは重症化の徴候とされます。

応急処置

安静にして睡眠と栄養補給を怠らないようにします。

胃腸がダメージを受けている可能性があるので消化の良い物を摂りましょう。

熱がある時は、氷枕などを使い解熱に努めます。

熱で汗をかいたり、食欲が低下したり、下痢をした時などは脱水症に気をつけましょう。

おかゆなど水分の多い食事にして、水分の補給に努めましょう。

喉の痛みがある時は、のど飴でをなめたりうがいをしましょう。

咳は、乾燥すると生じやすいので水分を摂りましょう。

症状が重い場合は、医師の診察を受けましょう。

予防

風邪やインフルエンザでは感染源が人であることが多いので、人ごみは避けれれば避けたほうが良いでしょう。

帰宅時には、手洗いとうがいを心がけましょう。

栄養と休養を十分にして体の抵抗力をつけましょう。

ウィルスは乾燥を好むため湿度は高めておきましょう。

介護者が風を引いた場合は、マスクの着用と消毒に気をつけましょう。

免疫力が弱い高齢者はインフルエンザにかかりやすいので予防の為に免疫力を高めましょう!

免疫力 バナー