頭を抱える老人

うつ病とは、気分の落ち込みを特徴とした機能性障害です。

気分がひどく落ち込んだり何事にも興味を持てなくなったり、おっくうだったり、だるかったりして強い苦痛を感じ、日常の生活に支障が現れるまでになった状態です。

高齢者で多いのは、定年退職、近親者との死別、持病、環境の変化などがきっかけで発症することが多いとされます。

内因性や遺伝性のうつ病で無い場合は治療による改善が期待出来ます。

病気にかかっている人や身体機能障害がある人はうつ病になりやすいとされます。

また、そうした人の介護に当たっている人もうつ病になりやすいので注意が必要です。

なお、近親者と最近死別した人は、特に注意が必要で死別後に一時的にうつ状態になることは自然なことで、悲嘆反応と呼んでうつ病とは区別されています。

症状の観察

気分の落ち込みや、悲観的になったり、絶望感や罪悪感などにより自殺を考える場合があります。

食欲の低下や早朝覚醒なども症状としてあらわれます。

一般的に午前中に症状が強くなる傾向があり意欲の低下、判断力の低下や思考力の低下があらわれ痴呆と間違われる場合もあります。

身体的症状として、頭痛、頭が重く感じる、疲労感、食欲減衰胃が痛い、不眠などの症状があらわれます。

身体的症状だけを自覚して、気分の低下を感じないことが有り仮面鬱と呼ばれています。

高齢者は高血圧、糖尿病、脳梗塞などの病気との合併が多いので注意が必要です。

介護

うつ病は回復期に自殺が多いので注意が必要です。

自殺に使われる可能性があるものは片付けておきましょう。

高齢者の話に良く耳をかたむけて話を聞きましょう。

医師の診察を受けて指示に従い、頭痛、腹痛、便秘、生活習慣の改善をし、デイサービスの利用など、社会活動に参加させましょう。

免疫力 バナー