「呼吸器の病気(高齢者編)」の記事一覧

高齢者に多い気管支喘息

呼吸器の病気(高齢者編)

気管支喘息とは気道が詰まって呼吸が苦しくなる発作を繰り返す病気です。 発作と発作の間は無症状であることが多いのが特徴です。 気道が詰まるのは、過敏な状態にある気道を取り巻く平滑筋が収縮して、粘膜がむくみ、痰がつまる症状が・・・

高齢者に多い慢性呼吸不全

呼吸器の病気(高齢者編)

肺は吸気から酸素を血液中に取り入れて血液中の二酸化炭素を呼気中に排出します。 このような肺の機能をガス交換と言います。 慢性呼吸不全は肺のガス交換が1ヶ月以上の間、障害される状態を言います。 症状の観察 高齢者の慢性呼吸・・・

ページの先頭へ